新潮文庫<br> 落日燃ゆ (改版)

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
落日燃ゆ (改版)

  • 城山 三郎【著】
  • 価格 ¥825(本体¥750)
  • 新潮社(2009/10発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 35pt
  • ウェブストアに17冊在庫がございます。(2021年11月28日 05時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 462p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101133188
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

東京裁判で絞首刑を宣告された七人のA級戦犯のうち、ただ一人の文官であった元総理、外相広田弘毅。戦争防止に努めながら、その努力に水をさし続けた軍人たちと共に処刑されるという運命に直面させられた広田。そしてそれを従容として受け入れ一切の弁解をしなかった広田の生涯を、激動の昭和史と重ねながら抑制した筆致で克明にたどる。毎日出版文化賞・吉川英治文学賞受賞。

著者等紹介

城山三郎[シロヤマサブロウ]
1927‐2007。名古屋生れ。海軍特別幹部練習生として終戦を迎えた。一橋大卒業後、愛知学芸大に奉職、景気論等を担当。1957(昭和32)年、『輸出』により文学界新人賞、翌年『総会屋錦城』で直木賞を受け、経済小説の開拓者となる。吉川英治文学賞、毎日出版文化賞受賞の『落日燃ゆ』等、多彩な作品群は幅広い読者を持つ。2002(平成14)年、経済小説の分野を確立した業績で朝日賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 6件/全6件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

210
第28回毎日出版文化賞・第9回吉川英治文学賞受賞作。文官でただ一人、A級戦犯となり、絞首刑となった広田弘毅を描いたもの。著者の広田弘毅への目は優しく、吉田茂とは対比的に書いているのがひどく印象的だった。最後の潔さも含めて、ベストセラーになったのもわかる好著だと思う。

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

191
「物来順応」「自ら計らわぬ」の信条を貫いた一人の男の生涯。青年時代に尊敬できる上司と出会い、外交官を自らの使命と定めた広田弘毅氏。時代の渦により外相、さらに226事件直後に総理に祀り上げられた。増長する軍部と向き合いながら、命を賭して戦争防止に努めながら、東京裁判ではA級戦犯として絞首刑を宣告された。刑執行に際して、軍人が「万歳」を叫ぶのを「マンザイ」と呟き、運命を従容として受け入れた。同期の野心家・吉田茂との比較が壮大な物語に一層の奥行きを加える。毎日出版文化賞・吉川英治文学賞に輝く伝記小説の傑作。2015/08/16

mitei

185
本書はA級戦犯指定され死刑にされた人物、廣田弘毅が主人公。改めてこの時代の政権運営の大変さがよくわかるし、連合国の理不尽な死刑執行に腹立ちを覚える。でももっと自己主張する人であれば死刑は免れたかもしれないと思うといたたまれない。2010/01/27

175
とてもわかりやすかった。 優秀な外交官だった広田氏、もしも違う時代、あともう50年後に生まれていらっしゃれば、きっと良い日本を作るために世界中で活躍し広く評価されただろうと思います。 それにしても、当時の日本は一個人の意見など通る余地もないほど戦争へ向かって軍部も国民も一直線だったんですね。賢い人は日本がどうなるかわかっていたけれど一握りだった・・。2013/01/23

はっせー

156
大学の先生からのおすすめされた本。この本だけで広田弘毅を理解することはできないが、彼の人生の断片を知ることができる本になっている!この本は、広田弘毅の人生を書いたものになっている。広田弘毅の人生はまさに背広を着た人生であった。日清日露戦争を目の当たりにして、その後の三国干渉を離開した広田は軍事だけでどうにもならない。外交の力が必要だと感じ、外務省に入省。そのご、総理までなった。背広が似合う。すなわち名門家ではなく実務家として優秀な人物であった広田がなぜ極東裁判で死刑になったか。やるせない気持ちになった!2021/10/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/552250

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。