新潮文庫<br> 檸檬 (改版)

個数:
電子版価格
¥473
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
檸檬 (改版)

  • 梶井基次郎
  • 価格 ¥473(本体¥430)
  • 新潮社(2003/10発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/20~8/25)
  • ポイント 8pt
  • ウェブストアに121冊在庫がございます。(2024年07月23日 17時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 350p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101096018
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

こんな世の中、こんな自分、みんな爆破してしまいたい。

31歳という若さで夭折した著者の残した作品は、昭和文学史上の奇蹟として、声価いよいよ高い。その異常な美しさに魅惑され、買い求めた一顆のレモンを洋書店の書棚に残して立ち去る『檸檬』、人間の苦悩を見つめて凄絶な『冬の日』、生きものの不思議を象徴化する『愛撫』ほか『城のある町にて』『闇の絵巻』など、特異な感覚と内面凝視で青春の不安、焦燥を浄化する作品20編を収録。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ehirano1

284
やはりというかなんというか表題作の「檸檬」がとても印象に残りました。檸檬が爆弾に見立てられているということは、実は檸檬自体が「得体の知れない不吉な塊」でもあるというメタであると読み取れるのではないかと思ってしまいました。2022/09/22

夜間飛行

257
えたいの知れない不吉な塊に圧さえつけられている私。痛いほど透明な感覚を連ね、最後は美術の棚を中心に丸善を吹き飛ばす夢想をしつつ無秩序な彩りの街を下っていく。この末尾から連想するのは芥川の羅生門だ(檸檬の主人公は善悪ではなく調和と破壊の間で揺れている点に違いはあるが)。さらに山月記を加えれば国語の定番教材が揃う。この三つの、反社会性を抱えて何処かへ去る、という結末の類似は何を意味するか。帰る場所を喪い、生きる意味を探し求めた戦後の我々の姿ではないか。ともあれ、次の世代がどう読み継いでいくかに掛かっていよう。2022/10/01

Aya Murakami

229
新潮文庫の100冊2017 新潮文庫の100冊2018 新潮文庫の100冊2019新潮文庫の100冊2020カドフェス2017カドフェス2018 カドフェス2019カドフェス2020 どうやらいろいろな出版社のフェアで大人気の作家の模様。かくいうレモン時限爆弾の時空を超えた爆風にやられてしまいました。書籍というものが時を超えて作者の思いを後世に伝えていくということを身をもって思い知らされた作品でした。レモン以外にも病にむしばまれる社会や人間と対照的に生き生きと描かれた植物多数の作品でした。2020/08/14

のっち♬

188
鬱屈とした心情の中に束の間の悪戯心や愉悦を表出させる表題作から感覚世界に重点を置いた描写がされていて、不安定な語りに内面の倒錯ぶりがよく現れている。他の作品にも言えることだが、淀んだ雰囲気を一変させる様々な空想からは希望を求める語り手の切実な思いと共に生活が陰鬱になっていく倦怠と絶望が伝わってくる。「課せられているのは永遠の退屈だ。生の幻影は絶望と重なっている」—そんな日常の風景をこれほどまでに独創的かつ鮮やかに描き出せるのは、鋭敏な感性と豊かな表現力のなせる技だろう。清澄な生の息吹を湛えた幽玄な作品集。2021/02/18

康功

180
淡々と、淡々と続く緻密な情景描写に瑞々しく美しい感覚を漂わせ、他の作家では感じたことのない不思議な気持ちにさせられる。なかなか読み取れない作者の言いたいところが、ある一文でパッと読み取れる瞬間がある。綺麗な文章に重たい感覚、そう、詩のような感覚を味わわせる短編小説。作品の完全理解はまだまだだが、有名なのも少し理解できた読後感であった。2016/12/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/576121
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。