• ポイントキャンペーン

新潮文庫
風琴と魚の町/清貧の書 (改版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 333p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101061078
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆか

25
いつの時代の話なのか、明治?放浪の親子のお話で、貧乏だった頃の日本の中でも、更に貧乏な暮らしをしている親子。大きな事件が起きる訳でもない。何も起きない。ただ、ずっとお腹が空いてる女の子の話。淡々としているのに、何となく心に残る。 2019/01/25

西野友章

21
「清貧の書」 毎日が一時しのぎばかりの生活。それでも結婚3回目の絵描き男は、「私」の心をちゃんと考えてくれる。「私は今朝から20銭を握ったままぼんやり庭に立っていた」社会の底辺で明るく生きる姿は清々しい。この空気感が心地いい。貧富の差が激しい社会の中では、物質的な豊かさを求めがちだけど、精神的な安定や人としての尊厳の方が貴重だと伝えているのか。「放浪記」は辛かったけど、「風琴と魚の町」「清貧の書」は逞しい。(この年満州事変)2018/04/22

fseigojp

16
晩菊(後期短編集)とは、また味わいの違う初期短編集 実は講談社文芸文庫のこれを登録したかったのだが見つからず感想を書くのだが、講談社文芸文庫の中沢けいの解説が実にすばらしい それだけで立派な評伝になっている 亡き母も、私立女学校を出ていることを生涯の誇りにしていたが、林芙美子もそうであり、一気に肩入れするようになった2015/08/23

バーベナ

6
日銭が入ればお米が買える、その日暮らしの少女時代。大人になっても変わらず。一緒に暮らすのは、何故か稼ぎがなく屈折した男ばかり。果てには、縁の薄い家族まで見事にたかってくる。でも、途中で生きることを投げ出さない。飢えや焦りを味わいながら読む。2018/09/21

イリエ

6
戦争って本当はこういうことなんだなと思いました。私の中では、若き黒柳徹子さんが主演でした。向田邦子さんにも似た話があったように思います。何だろう、哀しいなぁ。2016/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/433153

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。