新潮文庫
刑務官

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 409p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101037219
  • NDC分類 326.52
  • Cコード C0195

内容説明

私は一九六七年、大阪刑務所の看守になった、祖父、父に続き三代目の刑務官であった―。官舎で育ち、以来半世紀、全国の獄を回った著者だからこそ書ける、生々しい内側。死刑執行に立会い、所内殺人を目の当たりにし、ある日には脱獄者を追う。一方で受刑者の酷い処遇、服務違反を目撃。なぜ獄中での不審死が相次ぐのかにいたるまで、その闇を鋭く告発する。

目次

第1部 死刑(死刑執行;死刑と向き合った男たち)
第2部 刑務所内の重大事件(殺人;恐ろしい新入苛め ほか)
第3部 平成監獄事情(日本の監獄の特質;刑務官 ほか)
第4部 「階級社会」のはざまで(女子刑務所;認められなかった過労死 ほか)
第5部 名古屋刑務所刑務官暴行事件と刑務所改革(最新刑務所事情;一石を投じた現職看守部長 ほか)

著者紹介

坂本敏夫[サカモトトシオ]
1947(昭和22)年、熊本県生れ。法政大学法学部中退。’67年、大阪刑務所管理部保安課看守を拝命。以後、神戸刑務所処遇係長、大阪刑務所処遇係長、法務大臣官房会計課主任、東京矯正管区矯正専門職、長野刑務所課長などを経て、広島拘置所総務部長。’94(平成6)年3月、退官。二条睦名義で小説も執筆