新潮文庫<br> 堕落論

個数:
電子版価格 ¥572
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
堕落論

  • 坂口 安吾【著】
  • 価格 ¥572(本体¥520)
  • 新潮社(2000/05発売)
  • 夏のジャンル別プラスポイント(文庫)
  • ポイント 10pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年08月06日 08時11分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 322p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101024028
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

単に、人生を描くためなら、地球に表紙をかぶせるのが一番正しい―誰もが無頼派と呼んで怪しまぬ安吾は、誰よりも冷徹に時代をねめつけ、誰よりも自由に歴史を嗤い、そして誰よりも言葉について文学について疑い続けた作家だった。どうしても書かねばならぬことを、ただその必要にのみ応じて書きつくすという強靱な意志の軌跡を、新たな視点と詳細な年譜によって辿る決定版評論集。

目次

今後の寺院生活に対する私考
FARCEに就て
文学のふるさと
日本文化私観
芸道地に堕つ
堕落論
天皇小論
続堕落論
特攻隊に捧ぐ
教祖の文学〔ほか〕

この商品が入っている本棚

1 ~ 4件/全4件