新潮文庫<br> 評伝 石牟礼道子―渚に立つひと

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり

新潮文庫
評伝 石牟礼道子―渚に立つひと

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年12月02日 12時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 480p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101018515
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0195

内容説明

『苦海浄土 わが水俣病』の発表以来、文学界でも闘争の場でも神話的な存在であり続けた、詩人にして作家・石牟礼道子。しかし、水俣病に対する告発という面にとらわれすぎると、その豊饒な世界を見失いかねない。不知火海を前に育った幼年期から、文学的彷徨、盟友・渡辺京二との交流、苦闘の日々、暮らしと命を見つめてやまなかった晩年まで、創造の源泉と90年の軌跡を綴った初の本格評伝。読売文学賞評論・伝記賞受賞作品。

目次

栄町とんとん村
代用教員
虹のくに
サークル村
奇病
森の家
水俣病闘争
行き交う魂
流々草花
食べごしらえ
手漕ぎの舟
魂入れ
不知火
道子さんの食卓

著者等紹介

米本浩二[ヨネモトコウジ]
1961(昭和36)年、徳島県生れ。徳島県庁正職員を経て早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。在学中に『早稲田文学』を編集。毎日新聞記者。石牟礼道子資料保存会研究員。著書に『評伝 石牟礼道子―渚に立つひと』(読売文学賞評論・伝記賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たま

27
石牟礼道子の評伝。生涯と作品を丁寧に辿り、若い日の自殺未遂や自死を遂げた歌友との交流もきちんと押さえつつも敬愛の思いに溢れ、読売文学賞が頷ける本でした。破産した土建業者の家に生まれ戦後すぐに〈農家の嫁〉になった女性がいかに文学への道を切り拓き得たのか、短歌からサークル活動、谷川雁、上野英信ら九州を拠点とした文学者や橋本憲三との出会い、水俣との関わりなど、戦後史としても非常に興味深く読めます。渡辺京二との交流については同じ著者が『魂の邂逅』という本を出したところなので、それを読むのが楽しみとなりました。2021/01/13

呼戯人

26
三十年ほど前に、「苦海浄土」を途中で挫折してから、ずっと気になる作家だったが、ようやくその評伝を読むことができた。石牟礼道子の凄さが、この本のあちこちで光っていて、読売文学賞を受賞したのも分かる気がする。水俣病という近代の病が集中して現れた世界史的事件に、渡辺京二らとともに水俣病闘争の中心にいて、これを告発する運動を続けた石牟礼の魂の鼓動が伝わるような本である。この世との孤絶に悩む石牟礼の魂が、その文学を作り出したように、私達はその文学を受け継いで近代批判をおこなわなければならない。2020/03/04

Masakazu Fujino

13
とてもいい本でした。石牟礼道子は「苦界浄土」をはじめ、何冊か読んだが、彼女自身のことは、小説以外あまり知らなかった。渡辺京二との関わりとか、3月11日生まれとか、改めて知ることも多く、みなまたびょうの患者さんたちの闘いも彼女が先頭に立っていた(渡辺京二氏とともに)ことも、初めて知った。読めてよかった。2020/11/06

yuki

7
石牟礼道子さんの描く世界が新しい姿で伝わってきました。たくさんの発見がありました。作品にでてくる人々が目の前に浮かんでくるようです。2020/05/16

ちんれん

5
「評伝 石牟礼道子 渚に立つ人 米本浩二 新潮社 2020年」卒読。水俣病を社会に知らしめてチッソ水俣工場の悪行を批判した石牟礼を知ったのは確か、大学1年の現代中国学原論の授業だった気がする。意外だったのは石牟礼の息子が名古屋の中共大学で学んだこと。やっと重たい作品から解放された。2021/06/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15052989

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。