ビッグコミックス スピリッツ<br> 戦闘メカザブングルアナザー・ゲイル 〈1〉

個数:

ビッグコミックス スピリッツ
戦闘メカザブングルアナザー・ゲイル 〈1〉

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年03月03日 08時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 160p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784098614868
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

祝アニメ放送40周年!“青い閃光”再び!

かつて地球と呼ばれた惑星「ゾラ」―――
乾いた大地とドロの海が覆う世界。
住民の大多数「シビリアン」は
ウォーカーマシン(WM)と呼ばれる
人型メカで地を駆け諍いを繰り返しながら、
如何なる罪を犯しても72時間逃げおおせれば
無罪となる“三日の掟”のもと、
必死で生き続けていた。
熱砂の中で行き倒れかけていた少女・ベルは、
WMの修理販売を生業とする陸の船(ランドシップ)
「ビスケイン」に拾われ、そこで眠っていた
青いWMに出会う。それはあの「ザブングル」だった!
無法者ども、なんのその。
どこかにある「海」を目指して、
ベルの冒険が始まりましたが――さて。


【編集担当からのおすすめ情報】
かつて少年少女たちが胸を躍らせた
伝説のロボファイトアニメ『戦闘メカ ザブングル』が
なんと今年で放送40周年!
それを記念して、自身も大のザブングルファンである
田中むねよし氏が、まったく新しい新作漫画を描き下ろし!
令和によみがえる“青い閃光”に再び胸躍らせてください!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みやしん

6
ギアチェンジ・ハンドル・ガソリンで動く荒野のWM。元TVを知らなくても問題ないぐらい明快な世界観だけど、元TVを知らないと全体のインテリジェンスの低さとその裏返しのタフさに目眩がしそう。TV本編よりもイメージソースはOP映像(翼はないけど)が主なのかな。オマージュに溢れた主役チームのデザインもいい。下半身ぐらい変形してもいいぞー。2023/03/11

ls

5
懐かしい!キャラは被ってないが、世界観や人物造形は共通、そして同じウォーカーマシンが活躍する。続きが楽しみだ。 それにしてもオリジナルは、よくあれだけの(今で言う)異世界設定を創り上げたなぁとあらためて感嘆。2023/01/17

隆二

5
このコミックは時系列的にアニメの後なのだろうか。まあ、それはともかく、人命が軽く、貧租な大地はまさしくザブングルって感じ。続きが楽しみです。 2023/01/21

北白川にゃんこ

4
厳しい時代もしっかり生きる姿がザブングルだなあ2023/12/30

百五十八

3
ザブングルのワチャワチャやりつつ生きるのに必死な世界観を見事に再現した漫画である。 TVシリーズとの繋がりはまだわからないが見てなくても大丈夫な話なので見てなくても読め!2023/02/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20382930
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。