小学館新書<br> 韓国を蝕む儒教の怨念―反日は永久に終わらない

個数:
電子版価格 ¥907
  • 電書あり

小学館新書
韓国を蝕む儒教の怨念―反日は永久に終わらない

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 新書判/ページ数 272p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784098253517
  • NDC分類 319.102
  • Cコード C0231

内容説明

「不可逆的に最終合意」したはずの慰安婦問題をひっくり返したかと思えば、韓国の最高裁は、すでに日韓基本条約で解決済みの徴用工裁判で日本企業に対し、賠償判決を出す。一方で、文在寅大統領は中国、北朝鮮に擦り寄り、反日を加速させている。日本と韓国の関係は戦後最悪の状態にある。普通の日本人の感覚からすれば、まったく理解できない。いったいなぜなのか。ヒントは、反日主義にしなければならなかった韓国の歴史にある。それが現代にまで続き、自壊の道を辿っているのだ。韓国出身の著者がその謎を史実に基づき解き明かす。

目次

序章 韓国を祟る李朝の亡霊
第一章 徴用工・慰安婦問題の核心―日本の統治は「絶対悪」である
第二章 自己中心主義民族の情と理―自民族は「絶対善」である
第三章 「虚言癖‐盗用癖」の民族病理―正道を進もうとしない習慣
第四章 権力闘争に明け暮れる国家・社会―拡大増幅し続ける分裂抗争
第五章 強固な理念主義と愚民政策―儒教とマルクス主義に共通する構図
第六章 恨嘆文化と火病社会―「羨望・怨恨」の強さが生きる力となる
終章 「現在の韓国」との向き合い方―二度と期待して裏切られないために

著者等紹介

呉善花[オソンファ]
1956年、韓国・済州島生まれ。評論家、拓殖大学国際学部教授。83年に来日、大東文化大学の留学生となる。その後、東京外国語大学大学院修士課程(北米地域研究)を修了。在学中に執筆活動を始め、90年、『スカートの風』(三交社)がベストセラーとなった。韓国での学校教育によって、かつては反日主義に傾倒していたが、来日後に様々な葛藤を経て知日派になった。98年に日本に帰化。『攘夷の韓国・開国の日本』(文春文庫、第五回山本七平賞受賞)など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

李朝時代からの歴史が解れば韓国が見える。

元徴用工に対する日本企業への賠償判決や従軍慰安婦問題合意の一方的破棄、自衛隊機へのレーダー照射……。なぜ、韓国は次々と日本を目の敵にするのか。文在寅政権が左翼だから……、そうではなく、そこには「自国が絶対に正しく、日本は絶対悪である」という古くからの教えがあり、韓国は憲法や法律、国と国の約束よりも国民感情がすべてに優先する国なのだ。
さらに、ベトナム戦争時に韓国軍兵士がベトナム人女性を多数レイプした非道行為も、当初知らん顔をしていて、表沙汰になると「韓国兵士の残虐さは日本のせい」と開き直る。韓国が経済危機の際に日本が手を差し伸べても、感謝するどころか因縁をつけてくる始末。
本書は韓国出身で自身も反日教育を受けた著者が、ニュートラルな視線で様々な反日行動の原因となっている韓国の歴史を解き明かし、変えられないやっかいな隣国=韓国との付き合い方も指南する。


【編集担当からのおすすめ情報】
著者の呉善花さんは韓国出身で、少女時代から「反日教育」を受けてきて、それが事実だと思い込んでいたと言います。しかし、訪日して、韓国で習ったことが大きな間違いであったことを知ったそうです。そして、多くの日本人から「なぜ、日本人と韓国人はわかりあえないのか」と質問されて、調べていくうちに韓国の李朝時代に原因があったと気づき、本書を執筆しました。今や、韓国政府からも入国拒否されながらも事実を知らしめようとする呉さんの熱意には頭が下がります。