小学館101新書
日本の迷走はいつから始まったのか―近代史からみた日本の弱点

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 319p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784098251070
  • NDC分類 210.6
  • Cコード C0295

内容説明

幕末・維新から現在まで近代日本の歩みを、戦争と平和の問題を中心に据え、グローバルな視座で大局的に描き出す。戦争はなぜ繰り返すのか、何が国家の盛衰を決めるのか?近代日本の「迷走」と「暴走」、そして現在の「迷走」をもたらした「選択」を見ていくと、世界ルールの転換の認識と対応の遅れが主因だと解ってくる。では、どうすればよいのか!?日本近代史の大家が「通史」を見ていくことによって未来を考える、これまでにない「日本近代史」。

目次

近代日本の歴史から、どうやって未来を考えるのか
幕末・維新~大日本帝国憲法制定(~一八九三) 国際社会の荒波に船出し、近代国家への道を進む
日清戦争~日英同盟締結(一八九四~一九〇二) 「文明国」をうたって清国に勝利するが、アジア蔑視が迷走の萌芽となる
日露戦争~辛亥革命(一九〇三~一九一一) 日露戦争の経験と教訓を活かせず、過信が迷走へとつながっていく
第一次世界大戦(一九一二~一九二〇) 大戦による世界ルール変更を理解できずに、迷走を繰り返す
ワシントン会議~世界恐慌の発生(一九二一~一九三〇) 協調体制の一員となるが、恐慌への対応から膨張路線に向かう
満洲事変~二・二六事件(一九三一~一九三六) 満洲事変の「成功」により、世界から孤立して戦争への道を進む
日中戦争(一九三七~一九四〇) 中国との戦争の出口が見つからず、迷走から暴走へ向かう
アジア太平洋戦争(一九四一~一九四五) 希望的観測から日米開戦を決断し、破滅への道を暴走する
敗戦・占領~独立回復(一九四五~一九五四) 民主化と非軍事化に取り組むなかで、アメリカ従属の道へ進む
五五年体制(十九五五~十九七二) 経済優先でキャッチアップに成功するが、経済大国となって道を失う
石油ショック~バブル崩壊(十九七三~十九九一) 多極化する世界経済の動きに戦略的対応ができず、迷走を始める
冷戦終結~世界金融危機(十九九二~) 冷戦後の世界ルールの変化に付いていけず、経済危機に迷走を深める
地球規模の問題に、日本はどう取り組むのか?

著者等紹介

小林英夫[コバヤシヒデオ]
早稲田大学アジア太平洋研究センター教授。1943年東京生まれ。東京都立大学大学院博士課程単位取得退学。専攻は日本近現代史、植民地史、アジア経済論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本の未来を考えるこれまでにない近代通史

幕末・維新から現在まで近代日本の歩みを、戦争と平和の問題を中心に据え、グローバルな視座で大局的に描き出す。戦争はなぜ繰り返すのか、何が国家の盛衰を決めるのか?
近代日本の「迷走」と「暴走」、そして現在の「迷走」をもたらした日本の「選択」を見ていくと、世界ルールの転換の認識と対応の遅れが主因だと解ってくる。では、どうすればよいのか!?
日本近代史の大家が「通史」を見ていくことによって未来を考える、これまでにない「日本近代史」。