小学館よしもと新書<br> ハゲましの言葉―そんなにダメならあきらめちゃえば

個数:

小学館よしもと新書
ハゲましの言葉―そんなにダメならあきらめちゃえば

  • ウェブストアに395冊在庫がございます。(2017年06月27日 14時19分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 192p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784098235063
  • NDC分類 779.14

内容説明

ハゲでネクラで優柔不断…多くの人が悩むネガティブ要素を持ちながら群雄割拠の芸能界で著者が活躍している秘訣は「ダメならいったんあきらめよう」。その「飛躍につなげるあきらめ方」とは何か。さらに、友達ゼロの暗黒高校時代、最愛の母の死、何度も失敗した初体験、最初で最後の純愛、NSC(吉本総合芸能学院)での相方との出会いとどん底生活、そして『M‐1グランプリ』優勝の過激な裏話まで、人気芸人が今まで語らなかった半生を激白。

目次

序章 「誰だと思ってんだ、斎藤さんだぞ!」…と言えるまで
第1章 少年時代からずっと原動力は女の子だぞ
第2章 友達ゼロの高校時代「黒歴史」の真実
第3章 遅れてきた青春時代に降りた髪のお告げ
第4章 売れっ子芸人になるために日々毛進!
第5章 『M‐1』チャンピオンの向こう側
第6章 励ましの言葉―いまの僕だから言えること

著者紹介

斎藤司[サイトウツカサ]
1979年2月15日生まれ、神奈川県出身。現相方のたかし(1986年1月30日生まれ、東京都出身)と、2005年にコンビ「トレンディエンジェル」を結成。ともにNSC(吉本総合芸能学院)東京十期生。ふたりの共通の特徴である“薄毛”をポップに生かした、スピード感のある漫才を得意とする。その実力は折り紙つきで、2014年に『THE MANZAI』で準優勝、翌年には『M‐1グランプリ2015』にて敗者復活枠からの優勝を果たし、テレビ、雑誌、舞台など活躍の場を広げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

コンプレックスを武器にする斎藤さんの処世術をベースに、「童貞卒業に何度も失敗した理由」「最初で最後の純愛経験」「彼女は途切れたことがない」などマスコミが注目する女性遍歴や蔵出しエピソードを盛り込む

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件