ちいさな おおきな き

個数:

ちいさな おおきな き

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年06月29日 22時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 28cm
  • 商品コード 9784097265917
  • NDC分類 E
  • Cコード C8771

出版社内容情報

夢枕獏と山村浩二の注目のコラボ絵本

はじまりは、ちいさな ちいさな ちいさな芽。
ちいさな芽がぐんぐんのびて、おおきな おおきな木となり・・・・・・。。

生命が生まれ育まれる誇らかさ、また、世界が育ち広がっていく豊かさ、膨らんでいく欲望が互いをほろぼすむなしさなど、壮大な物語を、リズミカルな語りと細密なイラストで描かれます。
こどもからおとなまで、幅広く楽しめる絵本です。

【編集担当からのおすすめ情報】
スケールの大きな作品で多くのファンを引きつける作家夢枕獏氏と、日本を代表するアニメーション作家であり、人気の絵本も数多く手がける山村浩二氏の異色コラボ絵本が実現しました。
ページをめくるたびに新しい発見があります。親子であれこれ語り合いながら読んでいただきたい絵本です。


夢枕 獏[ユメマクラ バク]
著・文・その他

山村 浩二[ヤマムラ コウジ]
イラスト

内容説明

おおきくなるってなんだろう?夢枕獏×山村浩二、異色のコラボ絵本!

著者等紹介

夢枕獏[ユメマクラバク]
1951年、神奈川県生まれ。東海大学文学部日本文学科卒。1977年作家デビュー。『上弦の月を喰べる獅子』で日本SF大賞、『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞、『大江戸釣客伝』で吉川英治文学賞、泉鏡花文学賞、舟橋聖一賞を受賞

山村浩二[ヤマムラコウジ]
1964年、愛知県生まれ。東京造形大学絵画科卒業。短編アニメーションを多彩な技法で制作。アカデミー賞ノミネートの『頭山』と『カフカ 田舎医者』が国内外のグランプリ多数受賞。東京藝術大学大学院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シナモン

142
大きな木は地球のよう。ありより小さい双葉に希望を感じたけれど…。人間が出てくるとやっぱりこうなっちゃうんだ。悲しいね。2021/02/10

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

117
「こういう絵本が読みたかった」。そう話す夢枕獏さんが創った【循環の絵本】。アリより小さい姿で生まれた芽は1000年も1万年も頑張って、一つの世界になった。山よりも大きく雲よりも高い木には川が流れ、動物たちが住み、やがて人間も暮らし始めた。街ができて、列車が走るようにもなった。1000年が経つと人は争うようになり、理想的だった世界は狂っていった。そして……。木の視点で見れば100年なんて一瞬なんだね。悠久の時をかけて、壊れたら最初からやり直す事ができる。でも人間は……。2015年7月初版。2016/05/22

masa@レビューお休み中

116
なんてドラマチックなんだろう。そして、なんてリアリスティックなんだろうか…。絵と音の迫力に圧倒されながらも、決してその情景から目をそらすことができない。その吸引力は、どこから来ているのかというと、現実にある世界との恐ろしいほどのリンクなのではないだろうか。架空の世界にある大きな木の話なのに、現実の世界で今起きている出来事に思えてならないのだ。是非、大人にも、子どもにも手にして欲しいです。あなたは架空の世界と思いますか?それとも、現実の世界のことと思いますか?2015/10/09

アキ

69
アリより小さな双葉の芽ばえ。すくすく育ち、ものすごく大きな木になって、木の上に雪が降り、水が流れ、川が出来、動物が住み、人が住み、道が出来、煙突から煙が出て、戦もおこり、あっちの枝もこっちの枝も人間が欲しがって、動物がいなくなり、人間もいなくなって、とうとう木が枯れてしまった。ついに倒れた大きな木。その上に苔がはえ、雨が降り、いつか生まれた小さな芽。お前はどんな木になるのやら。2020/03/29

紫 綺

59
意外や意外!「陰陽師」の夢枕獏さんの絵本。ちいさな芽がグングン大きくなって、巨大な木に。蟻や動物が住み、やがて人間が暮らす。結局人類は、自ら滅亡の道を歩くイキモノなのか。2021/02/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9760702

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。