図説 日本人の原郷―揚子江流域の少数民族文化を訪ねて

  • ポイントキャンペーン

図説 日本人の原郷―揚子江流域の少数民族文化を訪ねて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 238p/高さ 16X23cm
  • 商品コード 9784096805213
  • NDC分類 389.223

内容説明

日本人の原郷はどこか!?日本に稲を伝えたのは誰か?弥生文化のルーツを求め中国揚子江流域のミャオ族を中心に踏査した10年。著者はその映像と記録によって日本文化の原点に迫る。

目次

第1章 天と地を創り、くらしを立てる
第2章 魂を護り、魂を継ぐ
第3章 舟を浮かべ鼓をたたき祖を祀る
第4章 祭で恋も結ばれる
第5章 弥生文化の原郷はどこか

出版社内容情報

日本文化と少数民族の関連性を写真で追求。

日本文化のルーツはどこか?このテーマを追求して10年。日本民俗写真の第一人者の著者が、揚子江中流のミャオ族を中心とした少数民族にそれを発見した。徹底した現地取材によって日本文化との関連が明らかになっていく。本書は、10年に渡って取材した貴重な写真と中国現地の資料を豊富に取入れ、日本民俗と対照しながらより具体的に迫る。日本の考古学、古代史、民俗ファンに必読の書。