住吉物語・とりかへばや物語

個数:

住吉物語・とりかへばや物語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年08月26日 14時08分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 572p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784096580394
  • NDC分類 918

内容説明

王朝の時代から愛読された継子物語の代表作『住吉物語』、女が男、男が女として生きていく悲喜劇のなかに、女の身のやるせなさが描かれた『とりかへばや物語』を収録。近世初期の「住吉物語絵巻」を挿絵に収載。

目次

住吉物語
とりかへばや物語

著者紹介

三角洋一[ミスミヨウイチ]
1948年、岩手県生れ。東京大学卒。中古・中世文学専攻。東京大学教授

石埜敬子[イシノケイコ]
1940年、静岡県生れ。東京教育大学卒。平安文学専攻。筑波大学教授

出版社内容情報

王朝の世から愛読された継子物語の代表格『住吉物語』。女が男、男が女として生きていく悲喜劇の中に女の身のやるせなさが描かれた『とりかへばや物語』。物語の面白さを伝えるニ作品を収録。

 数ある古典文学作品の中でも、とくにその奇異な設定で人気の高い『とりかへばや物語』と、清少納言や紫式部も読んでいた継子物語の代表作『住吉物語』をお届けします。 母を亡くし、父と継母の住む邸に引き取られた、美しき姫君。姫君の幸せを邪魔したい継母は策略をめぐらして・・・。平安時代に原作が生まれ、改作を繰り返しながら奈良絵本にまで伝えられていった『住吉物語』。これぞ継子苛め!という世界をご堪能ください。本文挿絵には、小社所蔵『住吉物語絵巻』を収載しました。 腕白なことから男として育てられた女君と、女っぽいことから女として育てられた男君が、さまざまな体験を通して、もとの性へと戻っていく悲喜劇を描くのが『とりかへばや物語』です。倒錯的な趣のなかに、女性として生きることの不自由さやせつなさがあふれ、物語の本物のおもしろさが味わえる傑作です。