小学館文庫<br> 神様のカルテ〈2〉

個数:
電子版価格 ¥792
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

小学館文庫
神様のカルテ〈2〉

  • 夏川 草介【著】
  • 価格 ¥792(本体¥720)
  • 小学館(2013/01発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに23冊在庫がございます。(2022年08月11日 23時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 380p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784094087864
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

医師の話ではない。人間の話をしているのだ。

栗原一止は夏目漱石を敬愛し、信州の「24時間、365日対応」の本庄病院で働く内科医である。写真家である妻・ハルの献身的な支えもあり、多忙な日々を乗り切っている一止に、母校の医局からの誘いがかかる。今の病院で一人でも多くの患者と向き合うか、母校の大学病院で最先端の医療を学ぶか。一止が選択したのは、本庄病院での続投だった(『神様のカルテ』)。
新年度、内科病棟に一止の旧友・進藤辰也が東京の病院から新任の医師としてやってくる。かつて進藤は“医学部の良心”と呼ばれていた。しかし、彼の医師としての行動は周囲を困惑させるものだった。そして、さらに大きな試練が一止たちを待ち受けていた――。

【編集担当からのおすすめ情報】
映画も大ヒットの超ベストセラー、待望の第二弾がいよいよ文庫化!
150万人に愛された「一止とハル」に、また会える。

夏川 草介[ナツカワ ソウスケ]
著・文・その他

内容説明

栗原一止は、夏目漱石を敬愛する信州の内科医だ。「二十四時間、三百六十五日対応」を掲げる本庄病院で連日連夜不眠不休の診療を続けている。四月、東京の大病院から新任の医師・進藤辰也がやってくる。一止と信濃大学の同級生だった進藤は、かつて“医学部の良心”と呼ばれたほどの男である。だが着任後の進藤に、病棟内で信じがたい悪評が立つ。失意する一止をさらなる試練が襲う。副部長先生の突然の発病―この病院で、再び奇蹟は起きるのか。

著者等紹介

夏川草介[ナツカワソウスケ]
1978年大阪府生まれ。信州大学医学部卒。長野県にて地域医療に従事。2009年「神様のカルテ」で第十回小学館文庫小説賞を受賞しデビュー、10年本屋大賞第二位(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yoshida

406
大きく物語が展開した2巻。大事なことは、医師である前に人間であることを忘れないこと。一止と榛名の夫婦愛。古狐先生と千代夫人の夫婦愛。そして古狐先生と大狸先生の絆。2巻では改めて気づかされ、考えさせられることが多かった。登場人物がみんな、暖かで読んでいて救われる。過酷な労働環境、手を尽くしても失われる命、予想だにしなかった仲間の発病と急死。辛く苦しい出来事は多々起こる。しかし、登場する人物がひたむきで、一所懸命で、自身の役回りに真摯である。そこから悲しいだけではなく、感動が生まれてくる。納得の面白さでした。2017/03/21

佐々陽太朗(K.Tsubota)

272
この温かい読後感、さすがです。もちろんそのような小説を浅薄だとか深みがないなどという向きもあるだろう。世の中は不公平と不条理と矛盾と絶望と哀しみに満ちており、「夢見がちな乙女じゃあるまいし、厳しい現実をきれい事の甘ったるい話にすり替えるんじゃねぇ」という辛口意見が聞こえてきそうである。だが良いではないか。どんなに絶望的な状況にあっても人には希望が必要だし、ささやかな幸せが必要だ。そうでなければ生きている意味がない。小説はしばしば「そうあって欲しい夢」を見させてくれる。だから私は小説を好んで読むのだ。2013/03/03

た〜

182
とにかく大狸先生がかっこいい。2016/08/29

ちょろこ

160
時間を止めて、の一冊。涙だらけの読書時間だった。地域医療に対しての志。その志の根底に流れる幾つもの悔しい思い。それが一つ一つ明かされるたびに涙が溢れた。生があれば次は死、それは当たり前のことなのに。わかってはいてもいつだって悔しさは拭いきれない。幸せな時ほど、これからっていう時ほどその人の周りは倍の速さで時間が流れてしまう気がする。夫婦の時間を、今、二人に流れている時間を止めてって、何度も思った。そしてなんでこんなにみんな優しいの、強くて優しいの…最後はその想いが溢れた。2021/01/29

修一郎

154
7年ぶりの再読。本庄病院に新メンバーが加わって大学の同期3人組となった。本庄病院は365日24時間患者が絶えない地方の中核救急病院でありながら入院患者はお年寄りばかり。患者さんの看取りの連続で医者は患者さんとの向き合い方を問われる大変過酷な職場だ。それなのにとてもやさしい物語だ。つらい選択の連続だけれども前を向いていこうって気になる。ハルさんの存在は大きい。肝が据わったとても素晴らしい女性だ。TVドラマではどうだろうか?迷った末3迄読んでからドラマ観ることにした。 2021/02/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5660796

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。