小学館文庫<br> 偏差値70の野球部〈レベル1〉難関合格編

個数:
電子版価格
¥517
  • 電書あり

小学館文庫
偏差値70の野球部〈レベル1〉難関合格編

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月16日 03時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 224p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784094087208
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

とんでもなく面白い野球小説、できました!

書いたのは超弩級の新人作家!
おもしろさ抜群、史上初の”高偏差値”野球エンターテイメントの開幕です!!

リトルリーグで全国ベスト4、中学二年で全国大会準優勝まで所属チームを導いたピッチャー・新真之介は、甲子園優勝ののちプロ野球入り、果てはメジャーリーガーになるという未来予想図を描いていた。
ところが甲子園常連校への野球推薦を逃し、一般入試で猛勉強の末に合格したのは、なぜか野球の名門ではなく、東大合格者数全国1位の超進学校だった。
入学早々、三年後に見事な桜が咲くよう精励すべしと熱血な訓示を垂れる担任に呆気にとられ、オリエンテーションでは、学歴の本当の強みは日本で最も優秀な高校での横の繋がりにこそあると豪語する同級生に猛烈な違和感を覚えながら、真之介は野球部を探す。
そしてついに見つけるのだが、そこで出会ったのは、野球部のグラウンドを占拠する映研の女子生徒たちと、ドイツ語教師でサッカーしか知らない外国人の野球部監督だった。
その監督・セバスチャンの策略で、真之介は「2年で甲子園に出る」約束を全校にさせられてしまうのだが‥‥。

文庫全4冊同時刊行の1冊目は、「レベル1 難関合格編」。
『偏差値70の野球部』の世界を、ここからぜひ楽しんでお読みください!

【著者紹介】
小説家。1976年福岡県生まれ。95年国立北九州工業高等専門学校中退、96~97年NYで暮らす。帰国後、アルバイト生活を続けながら小説を執筆。2004年『簡単な生活』(小学館)でデビュー。06年に発表した『ルーシー・デズモンド』(小学館)は、文芸評論家の大森望氏をして「十年に一度の衒学ミステリ巨編」と言わしめた。

内容説明

小学四年の春、ようやく自分のキャッチャー・沢登を見つけた新真之介は、リトルリーグ全国ベスト4、中学二年の春季大会では全国準優勝にチームを導いた。順風満帆、将来はメジャーリーガーの未来予想図に向かっていた野球人生は、しかし中二の夏の県大会から暗転する。彼女ができた沢登のせいだった。そこから暗黒時代に突入し、甲子園常連校への野球推薦を逃した真之介は、一般入試で高校へ入学する。ところが、合格したのは野球の名門ならぬ、東京大学合格者数全国1位の超進学校だった。面白さ抜群、史上初の高偏差値野球エンターテイメント、ついに開幕。目指すのは東大?甲子園?―。

著者等紹介

松尾清貴[マツオキヨタカ]
1976年福岡県生まれ。95年、国立北九州工業高等専門学校中退後渡米、97年までNY在住。帰国後、国内外の各地を転々とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

黒瀬 木綿希(ゆうき)

76
非常にテンポよく読める青春野球小説。思わぬ形で中学野球を終え、バッテリーを組む沢登と共に高校野球の名門校に進学…かと思いきや甲子園とは無縁の超進学校へ入学した新真之助(あらた しんのすけ) 野球部はあるけでメンバーと監督に問題がありすぎるなかで血気盛んな新がどのように成長するのか楽しみです。1巻ということでメンバー紹介が主となり、中学時代を除くと野球描写はごく僅か。次巻に期待。偏差値70の野球部と言うと熊本の濟々黌を思い出します。

nemuro

38
『野球部ひとり』(朝倉宏景)を読了。こんな感じの本ってあったなぁと本棚を検索。たぶんこれだろうと再読し始めた本書。芦別時代、2012年7月「TSUTAYA滝川店」での購入。結構面白くてシリーズ全4巻を買い揃えズンズン読み進めた当時の記憶が甦る。さて本書。新真之介は親友・沢登俊平の彼女・生駒樹里を専属家庭教師に一念奮起。甲子園常連校の横浜・海鵬高校に奇跡の合格。ところがそこは何と東京大学合格者数全国1位の超進学校の鎌倉・海應高校だった。そんな「別班」を「VIVANT]と聞き間違えたかの如く激しく開幕である。2023/08/14

acidrain

34
理系な野球ものと勝手に想像して読んだものだから内容が全然野球やってなくて驚いた。自分も好きなことを志して挫折して何もできなかった期間があったから気持ちはわかるが、あらすじで期待を膨らませた身としては偏差値70っていう設定と前半のバッテリーやら相方が恋人ができたとかそういうものが活かせないまま終わってしまったので漫画みたいな売り方だと思いました。ただ、漫画のような読み応えで飽きる前には読み終えてるのでそこは評価できるかな。次回予告があまり期待できませんが読みやすいので続きも読もうと思います。2012/11/23

ユーさん

31
学校名を間違えて受験してしまう、とんでもない設定。予想もつかない事が次から次へと起こり、ページを繰るスピードがどんどんと上がって行きます。キャストは、この1巻で揃ったので、次巻はどんなサプライズが巻き起こって行くのか、今から色々と想像しています。楽しみですね。2014/09/22

エリク

24
最初は、面白かったんですけど、途中からモブキャラが活躍しだしすぎて… もうちょっとサブストーリーの出番を少なくしたらもっと良かったんじゃないかと思いました。2019/09/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4767723
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。