小学館文庫<br> 私が愛した余命探偵

個数:
電子版価格
¥562
  • 電書あり

小学館文庫
私が愛した余命探偵

  • ウェブストアに20冊在庫がございます。(2024年06月21日 23時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 336p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094073317
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

その真実に、きっと涙する。

その真実に、きっと涙する――。
洋菓子店で起こるささやかな事件が、二人の未来を照らし出す。
六年間、夫の闘病生活を支えた著者。亡き夫に捧ぐ、勇気をもらえる愛の物語。


「今日はどんなお客さんの話?」
西荻窪にあるコイズミ洋菓子店で働く二葉には、腹部に肉腫を抱え長期入院中の夫、一星がいる。
一星は大のケーキ好きだが、禁食のため空腹と暇を持て余しており、いつしか、二葉が店から持ち帰るささやかな謎を解き明かすことが二人の楽しみとなった。
幼い女の子が香りを頼りに一人探し続ける「楽しいお菓子」とは?
実家を出た娘の誕生日ケーキを毎年購入し、記録し続けた亡き両親の真意とは?
そして、謎に隠された様々な想いに触れた二人が選ぶ未来とは――。

「ほどなく、お別れです」シリーズ著者、渾身の書き下ろし。


【編集担当からのおすすめ情報】
重版を続ける話題のシリーズ「ほどなく、お別れです」著者・長月天音さん、渾身の書き下ろし文庫が登場。

原稿やゲラでの作業中、何度泣かされたことか……。
実際に夫の闘病生活を支えた経験がある著者だからこそ書けたであろう、リアルな病室での描写や、切実な心情が胸に迫ります。

何より、泣いたあとは、前を向かせてくれる作品です。
ぜひ、自分にとって大切な人のことを思いながら読んでください。

内容説明

「今日は、どんなお客さんの話?」。西荻窪にあるコイズミ洋菓子店で働く二葉には、腹部に肉腫を抱え長期入院中の夫、一星がいる。大のケーキ好きの一星は、禁食のため空腹と暇を持て余しており、いつしか、二葉が持ち帰るささやかな謎を解き明かすことが二人の楽しみとなった。幼い女の子が香りを頼りに一人探し続ける「楽しいお菓子」とは?実家を出た娘の誕生日ケーキを毎年購入し、記録し続けた亡き両親の真意とは?そして、謎に隠された様々な想いに触れた二人が選ぶ未来とは。六年にわたる夫の闘病生活を支えた著者が描く、涙と勇気をくれる愛の物語。

著者等紹介

長月天音[ナガツキアマネ]
1977年、新潟県生まれ。大正大学文学部卒業。「ほどなく、お別れです」で第十九回小学館文庫小説賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

138
クリームブリュレが食べたくなった。6度の手術を経て尚、試練は続くのか・・遂に選択した気持ちを私は尊重したい。人はいつか・・必ず死ぬー死を見つめ共に死に向かって生きる日々は、本人だけじゃなくパートナーも同じく辛くキツイい。楽しい時間だけを思い出したいよね・・2024/03/02

Ikutan

63
葬儀社で真摯に働く人たちを描いた『ほどなく、お別れです』もよかったが、切なくも心が温まる愛のぎゅーっと詰まったこちらもよかった。洋菓子店で働く二葉の夫は長期入院中。禁食のため空腹と暇をもて余している彼に、二葉は洋菓子店に訪れるお客の謎を持ち帰り、ふたりで謎を解き明かすのが楽しみだった。タイトルから夫の病状が芳しくないのは想像できますが、六年にわたって夫の闘病生活を支えた長月さんが描くのは、涙だけではなく、遺された者が前向きになれる優しい物語。登場するスイーツが何れも美味しそうなので、甘党におすすめです。2024/04/12

Karl Heintz Schneider

34
舞台は東京・西荻窪にあるコイズミ洋菓子店。そこに勤める二葉には長期入院中の夫・一星がいる。一日中病室にいて暇を持て余している一星は、お見舞いに来る二葉の話を聞くのが唯一の楽しみ。店に来る客が持ち込んでくるささやかな謎の話が多く、それを解き明かすのが、もはや一星の生きがいになっている。安楽椅子探偵どころかベッド上探偵だ。しかしながら彼の観察眼?推理能力は意外に高い。著者は6年にわたり夫の闘病生活を支えた経験を持つという。この物語は単なる推理モノではなく実際の経験に裏打ちされている。2024/04/12

horihori【レビューがたまって追っつかない】

31
腹部に肉腫を抱え長期入院中の一星。彼の楽しみは、洋菓子店で働く妻の二葉が持ち帰るささやかな謎を2人で解き明かすことだった。些細だけれど優しい謎ばかりで、その謎を解く2人の行く末とのギャップに切なさが募る。辛く暗くなりがちな病床で、少しでも晴れやかな気持ちを感じられた幸せな時間が二葉のこれからの支えだと思う。2024/04/28

よっち

29
西荻窪にあるコイズミ洋菓子店で働く二葉と、腹部に肉腫を抱え長期入院中の夫一星。洋菓子店で起こるささやかな事件を解き明かしていく中で、二人の未来を照らし出す物語。幼い女の子が香りを頼りに一人探し続けるお菓子や、ロールケーキを買いに来なくなったおばあさん、毎週カフェでとある男性の姿を見かける理由、娘の誕生日ケーキを毎年購入して記録し続けた亡き両親の真意。禁食のため空腹と暇を持て余して、いつしか二葉が店から持ち帰るささやかな謎を解き明かすことが楽しみとなっていった二人が積み重ねていく、切なくて優しい物語でした。2024/04/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21762634
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。