小学館文庫<br> ウズタマ

個数:
電子版価格 ¥569
  • 電書あり

小学館文庫
ウズタマ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年06月30日 15時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 352p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094070965
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

1位に選ばれた感涙家族小説、待望の文庫化

食品メーカーに勤める松宮周作(28歳)は、シングルマザーの紫織と結婚の約束をしていた。そんなある日、父、将彦から周作名義の預金通帳を手渡される。「誰が」振り込みを続けてくれたのか、その問いに答えぬまま、半月後、将彦は脳梗塞で倒れて昏睡状態に。
真相を探るにも、幼い頃に母親を亡くして親戚づきあいもない周作には、全く心当たりがない。果たして、自分のために、毎月少しずつ振り込み続けてくれたのは誰なのか……。
通帳の謎に向き合って初めて、父親のこと、自分自身の生い立ち、母親の顔さえ何も知らないことに気づき、周作は愕然とする。そして、父親と自分の過去を探り始めて辿り着いたのは、25年前に起こったとある傷害致死事件だった。
被害者は、病気で亡くなったと聞かされていた周作の母。加害者は、当時、松宮家で家事手伝いをしていた18歳の少年だと知る。加害者を捜し始めた周作は、25年前の事件に隠された真実に少しずつ近づいていくのだった。
家族を怖れる男と、家族を求め続ける男が織りなす切なすぎるストーリー。
巻末の人気マンガ家キリエさんによるマンガエッセイ風解説も必読です。


【編集担当からのおすすめ情報】
青春小説の旗手として、人気も実力も兼ね備えた著者が、敢えて「新しい家族小説」に挑戦。本が好きな多くの読者に愛されて、読者メーターOF THE YEAR 2018 No.1に輝いた傑作が、待望の文庫化です。閉塞感の続く今、心に小さな希望が灯る家族小説です。巻末では、マンガ家キリエさんにマンガエッセイ風解説にチャレンジしていただきました。この解説も見逃せません!

内容説明

結婚を控えた松宮周作は、ある日、父から周作名義の通帳を渡される。振り込み続けたのが誰かを明かさぬまま、父は脳梗塞で昏睡状態に。通帳の謎に向き合い、自分の過去を探り始めて辿り着いたのは、25年前に起こった傷害致死事件だった。被害者は、病気で亡くなったと聞かされていた母。加害者を捜し始めた周作は隠された真実に少しずつ近づいていく。家族を怖れる男と、家族を求め続ける男が織りなす、感涙必至の家族小説。巻末は人気マンガ家キリエさんによるマンガエッセイ風解説。読者メーターOF THE YEAR 2018第一位に輝いた傑作が、待望の文庫化。

著者等紹介

額賀澪[ヌカガミオ]
1990年生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒業。2015年『屋上のウインドノーツ』で松本清張賞、『ヒトリコ』で小学館文庫小説賞を受賞。2016年『タスキメシ』が青少年読書感想文全国コンクール課題図書。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サンダーバード@読メ野鳥の会・怪鳥

88
タイトルからはそれがうずらの卵だと想像できるし、読友さん達の「サッポロ一番塩ラーメンが食べたくなる。」なんて感想を見るともっとほのぼのとした話だと思っていた。結婚を前にして父親から突然渡された自分名義の預金通帳。自分の過去に起こった驚愕の事実。家族とはなんだろう?血は繋がっていなくても、ほんの僅か一緒に暮らしただけでも、彼にとっては大切な家族。そしてやっぱり読み終えた後、野菜たっぷりのサッポロ一番塩ラーメンが食べたくなった。(笑)★★★★2022/03/21

nemuro

46
作家がそれを言っちゃお終いと心配になるようなタイトルの『拝啓、本が売れません』。初版部数が下がる事態に直面し作家自らが突撃ルポを開始。それが帯の「なりふり構わぬ話題の書!」に繋がるのだろう。その本を読んでから、(2018年3月に単行本刊行)以降、吹っ切れた感じで驀進するに違いないと勝手に親近感を覚え注目している作家。巻末によれば本書の単行本刊行は2017年11月。「さまざまな場所に出向きさまざまな人と話をし、右往左往していた」らしい時期と重なる。悩みながらこんな秀作を書いていたのかと底力を知る思いである。2022/01/23

44
文庫化待ってました!大好きな作品でもあり、額賀澪さんとの出会いの作品でもある。3年前に読んだ時の感想を今ちょっと見てみたが、再読しても感想は変わらなかった。話の流れや結末がわかっていながらも、やっぱりラストはドキドキして読んでしまう。家族とは、血の繋がりとは、そして家族だと思っているがゆえに決断した行動とは。改めて、かっこいい話だなぁと感動している。塩ラーメンを食べたくなるのがちょっと玉に瑕なので、これから読む方は準備してからどうぞ。2021/12/31

よっち

44
シングルマザー紫織との結婚を控え、父から見たこともない謎の預金通帳を手渡された松宮周作。父はそのまま脳梗塞で倒れ昏睡状態となってしまい、そのお金を用意した人物を探し始める物語。親戚付き合いもなく知人も少ない父の謎に包まれた過去。調べていくうちに知る25年前のある傷害致死事件の被害者だった母、そして加害者の当時18歳の少年。過去を探る周作は一方で結婚してやっていけるのか悩んでもいて、明かされてゆく真相は何とも切ないものでしたけど、それが過去や結婚に向き合うことにも繋がってゆく展開は心に響くものがありました。2021/12/08

のんちゃん

41
28歳の周作は幼子のいる紫織と婚約中。その子との関係に少し悩んでいる。その最中、父が病に倒れ意識不明となる。病の前に周作は父から高額の通帳を渡されていたが、それは何者かが周作に宛てたものだった。それを機に周作は自分の過去を探る。そして判明していく辛い事実と深まる謎。GWに読みたいと思っていた一冊。夢中で初日に読了。帯やチラ見した皆様の感想で煽ってんじゃないの?と思っていたが、帯通りに泣いてしまいました🥹こんな大団円の話、いいじゃないか、ちょっといい人ばかりで現実味が薄くても。2018年の読メ1位納得。2022/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18968664

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。