小学館文庫<br> 安楽死を遂げるまで

個数:
電子版価格
¥935
  • 電書あり

小学館文庫
安楽死を遂げるまで

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年06月13日 15時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 425p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094070279
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C0195

出版社内容情報

あなたの生き方を変える。

世界の医療現場で、安楽死合法化の気運が高まっている。超高齢社会を迎えた日本でも、昨今、容認論が聞こえてくるようになった。しかし、実態が伝えられることは少ない。

安らかに死ぬ――その柔らかな響きに、欧州在住の筆者は当初懐疑的だった。筆者は、スイスの安楽死団体でその「瞬間」に立ち会い、またはアメリカやオランダで医師や遺族と話を交わすなかで、死に対する考えを深めていく。

文庫解説で武田砂鉄氏はこう書く。
<本書から繰り返し聞こえてくる著者の吐息は、安心感なのか戸惑いなのか疲弊なのか、読者はもちろん、それは著者自身にも分からないのではないか。死にゆく様を見届けた揺らぎが、そのまま読者に届く。読んで、同じように揺らぐ。目の前に広がった死の光景をどう受け止めればいいのだろうか>――

読後、あなたは自らに問うはずだ。私はどう死にたいのか、と。

第40回講談社ノンフィクション賞受賞作にて、日本で安楽死議論を巻き起こすきっかけとなった衝撃ルポルタージュ。


【編集担当からのおすすめ情報】
文庫化に際して、筆者は、単行本の登場人物たちの「その後」を取材しました。遺族や医師はいま何を思うか。後悔していないか。日本でも関心が高まる安楽死について、賛成か反対かの二項対立では収まりきらないない、新たな姿を紡ぎ出します。

内容説明

欧州各国で、俄に安楽死合法化の気運が高まりつつある。安らかに逝く―その柔らかな響きに、欧州在住の筆者は当初懐疑的だった。スイスの安楽死団体でその「瞬間」に立ち会い、アメリカやオランダで医師や遺族を取材する中で、死に対する考えを深めていく。文庫解説で武田砂鉄氏はこう書く。“本書から繰り返し聞こえてくる著者の吐息は、安心感なのか戸惑いなのか疲弊なのか、読者はもちろん、それは著者自身にも分からないのではないか。死にゆく様を見届けた揺らぎが、そのまま読者に届く”。読後、あなたは自らに問うはずだ。私はどう死にたいのか、と。

目次

第1章 安楽死の瞬間(スイス)
第2章 僕が死ぬ日にパーティをしよう(オランダ)
第3章 精神疾患者が安楽死できる国(ベルギー)
第4章 「死」を選んだ女と「生」を選んだ女(アメリカ)
第5章 愛か、エゴか(スペイン)
第6章 殺人医師と呼ばれた者たち(日本)

著者等紹介

宮下洋一[ミヤシタヨウイチ]
1976年、長野県生まれ。欧州在住。スペイン・バルセロナ大学大学院で国際論修士など。『卵子探しています』で小学館ノンフィクション大賞優秀賞、『安楽死を遂げるまで』で講談社ノンフィクション賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

GAKU

52
欧米ではかなり「安楽死」が合法化されている国もあり、スイス、オランダ、ベルギー、アメリカ等で安楽死の、様々な事例をレポートしたノンフィクション。安楽死を実施した医師だけではなく、安楽死を遂げた本人、その家族まで取材しインタビューをしている。特に安楽死直前の本人へのインタビューの数々は読んでいて、心が熱くなった。私がそれぞれの当事者の立場に立たされたとしたら、どのような判断、決意をするだろうか?あらためて「安楽死」の是非について考えさせられたが、自分は答えを見出す事は出来なかった。何とも重い読書でした。 2021/09/17

James Hayashi

27
死を考える上で良書。精神疾患から自殺する人がいるので、その点を考慮されていることは思い至らなかった。各国の安楽死のケースを扱っているが、著者自身の揺れ動く心理が作中から感じられ、自分自身の安楽死というタームを考えさせられた。また自分にとっての生死を見直すいい機会となった。2021/09/24

さち@毎日に感謝♪

16
この本を読んで安楽死を認めている国でもそれぞれ基準が違う事が分かりました。安楽死=尊厳死ではない事、最期まで自分の希望が叶えられるように日本でももっと安楽死について議論して欲しいなと思いました。2021/09/12

にしがき

11
👍👍👍👍 著者は安楽死制度のあるヨーロッパ、アメリカを訪れ、安楽死を望む本人や家族、医師、反対派と対話を重ねる。その過程を通して著者と共に読者も安楽死への考えが深まる。日本の尊厳死は延命治療を止めることを指すが、安楽死は致死量の薬剤で命を終わらせるという点が異なる。自分は一つの選択肢として安楽死があっても良いと思っていたし、今もそう思うが、著者の指摘の通り、日本ではまだ十分な議論はなされていないとも感じた。/「死」は本人だけのものなのか、少しでも長く生きて欲しいのは家族のエゴなのか…考えることは多い。2024/03/24

ヒナコ

8
フリーランスの記者による安楽死のルポルタージュ。スイス、アメリカ、オランダ、ベルキー、日本の安楽死関係者を取材し、安楽死を決行する患者やその家族の個別の背景が丁寧に取材されている。また、安楽死に関わる医師のインタビューの分量もかなり多くあり、安楽死の現場でどのようなことが起こっているのかを知る上では、参考になる資料だった。→ 2021/09/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17989667
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。