小学館文庫<br> 消された信仰―「最後のかくれキリシタン」 長崎・生月島の人々

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

小学館文庫
消された信仰―「最後のかくれキリシタン」 長崎・生月島の人々

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月25日 14時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 283p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094070156
  • NDC分類 198.221
  • Cコード C0193

出版社内容情報

世界遺産から黙殺された島の「祈りの記録」

250年以上も続いたキリスト教弾圧のなかで信仰を守り続けた「かくれキリシタン」たち。その歴史に光を当てようとしたのが、2018年に日本で22番目の世界遺産となった「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」だ。

ところが、PRのために長崎県が作ったパンフレットからは、「最後のかくれキリシタンが暮らす島」の存在がこっそり消されていた。

その島の名は「生月島(いきつきしま)」。

今も島に残る信仰の姿は、独特だ。音だけを頼りに伝承されてきた「オラショ」という祈り、西洋画と全く違う筆致の「ちょんまげ姿のヨハネ」の聖画……取材を進める中で、著者はこの信仰がカトリックの主流派からタブー視されてきたことを知る。一体、なぜ――。

第24回小学館ノンフィクション大賞受賞作。

文庫版解説・島田裕巳氏(宗教学者)

【編集担当からのおすすめ情報】
「かくれキリシタン」を描いた作品では、作家・遠藤周作氏の小説『沈黙』があまりに有名です。

“弱き転び者”に寄り添う作品を世に送り出した遠藤氏は、生月島で信仰を守り続ける人たちをどう見ていたのか。この点についても、著者は意外な事実を明らかにしていきます

内容説明

250年以上も続いたキリスト教弾圧のなかで信仰を守り続けた「かくれキリシタン」たち。その歴史に光を当てたのが、2018年に世界遺産となった「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」だ。ところが、県が作ったPRパンフレットからは、「最後のかくれキリシタンの島」の存在がこっそり消されていた。その島の名は「生月島」―。島に残る信仰は、独特だ。音だけを頼りに伝承されてきた「オラショ」という祈りや、「ちょんまげ姿のヨハネ」の聖画。取材を進めるなかで、著者はこの信仰がカトリックの主流派からタブー視されてきたことを知る。一体、なぜ―。第24回小学館ノンフィクション大賞受賞作。

目次

序章 ちょんまげ姿の洗礼者ヨハネ
第1章 蔑ろにされた「聖地」
第2章 とても長い祈り
第3章 受け継がれる儀式
第4章 「かくれキリシタン」か「カクレキリシタン」か
第5章 壊し合いの歴史
第6章 「復活」を選ばなかった理由
第7章 バチカンからの視線
終章 信じ続ける意味は

著者等紹介

広野真嗣[ヒロノシンジ]
1975年、東京都生まれ。ノンフィクション作家。神戸新聞記者を経て2002年に猪瀬直樹事務所にスタッフとして入所し、15年10月よりフリーランスとして独立。『消された信仰―「最後のかくれキリシタン」 長崎・生月島の人々』で第24回小学館ノンフィクション大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あーびん

27
徳川政府の禁教令下で250年以上にわたって弾圧を逃れながら密かに守り続けてきた「かくれキリシタン」信仰が今も残る生月島。世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」登録によって脚光を浴びるはずが県のパンフレットからは島の名前が消されていた。それは土着の民俗宗教に変容した信仰なのか。それとも布教期の信仰形態を保存したものなのか。戦後にバチカンは島にわざわざ枢機卿を派遣し改宗をするように諭したが、島民はこれを拒み独自の信仰を続けることを選んだ。島民の信仰の現状と変化。遠藤周作も意外と厳しい目線。2021/06/27

朔ちゃん

5
昔TVで観た「隠れキリシタン」のことが忘れられず手にとった。世界遺産から外され、資料にも載らない「生月島」こそ、かくれキリシタンの信仰そのものと著者は言う。生業(経済生活)と結びつき、サンジュワンさまという独特の信仰を持ち、1949に来日した枢機卿の前でもカトリック改宗はしなかったという。あとがきにあるように、祈りのかたちは世界遺産にならないが、伝えようとする意思が、現代にとって大いなる価値(遺産)になると思った。表紙は〈ちょんまげ姿の洗礼者ヨハネ〉である。聖画やオラショも神々しく興味深い。2021/07/12

jkgntm

1
以前「クレイジージャーニー」でもやってたなくらいの知識のため咀嚼しきれない箇所もありつつなんとか読了。 「かくれキリシタン」か「カクレキリシタン」か、ひらがなかカタカナかってだけにもかかわらず後者に侮蔑した印象を与えるの不思議ですね。 本書を踏まえて長崎旅行もいつか実現したいものです。2021/11/29

ゆ の 字

1
陰謀論でも唱えはじめそうな序章に、手に取ったことを後悔したのもつかの間、守り続けていた生月島の信仰が少数派として衰微していく様に引きこまれた。以前読んだ中東の少数派の人たちについて書かれた「失われた宗教を生きる人々」に通じるものを感じた。狭いコミュニティを維持するには共通の信仰(=価値観)が必要で、社会が開けて生き方の多様性が広がると、信仰は衰退してしまうということなのかな。宗教について考えはじめると、255文字では足りない。2021/07/07

moti moti

0
紀行文的エッセイ。概説書の様なものを期待すると肩透かしを喰らう。「野蛮の言説」を読んだせいか、かくれキリシタン信仰を存在する価値のないものとして、攻撃もしくは黙殺することを正当化するカトリック側の姿勢に薄寒さを感じる。なお、著書はプロテスタントである。2021/07/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17871187

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。