小学館文庫<br> 死に方のコツ

電子版価格
¥517
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

小学館文庫
死に方のコツ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 214p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094053012
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C0195

出版社内容情報

医療管理学(医療と患者を結ぶパイプの学問)を研究する著者が行った“死ぬのが怖くなくなる”授業。多くのマスコミも取り上げたこの話題の授業が1冊の本にまとめられた。思い切り生きて、笑って死のう!

 死は自然なものである。だが多くの人は死を怖がり、病院でさえも死をタブーとする傾向にある。’92年、日本医科大学に日本初の医療管理学教室が作られた。そこで医療と患者を結ぶパイプの学問を研究している著者は、研究のかたわら看護学生に“死”を教えている。この講義が、“死ぬのが怖くなくなる授業”として評判になった。本書はこの授業の内容を101の話にまとめたもの。人生の最期を自分らしく迎えるための達観の書である。

目次

第1章 死の瞬間
第2章 死にゆく人びと
第3章 病気
第4章 病院
第5章 痛み
第6章 恐怖
終章 より納得して死にたいあなたへ

著者等紹介

高柳和江[タカヤナギカズエ]
日本医科大学助教授。神戸大学卒。1977年から10年間クウェートで小児外科医として辣腕を奮う。94年発足した「癒しの環境研究会」代表。02年、高齢者の尊厳ある生をサポートするNPO「21世紀癒しの国のアリス」を立ち上げ、日本を変える仕掛け人として活躍中
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yu-no

0
視点が上がれば死は自然現象の1つでしかない。生まれる前に戻るだけ。2019/01/01

くに

0
いつかは死ぬ。怖がる必要はない。それを受け入れて、今を懸命に生きる。2017/01/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/476851
  • ご注意事項