小学館文庫
時代小説版 人物日本の歴史 幕末維新編

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 300p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094048759
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0193

内容説明

幕末の英傑・橋本左内の不本意な自死のありようを問う女心の可憐(山本周五郎)。桜田門外で討たれた井伊大老の首の行方(山田風太郎)奇兵隊高杉晋作(大岡昇平)土佐の坂本竜馬(早乙女貢)新撰組近藤勇の最期(子母沢寛)二人の幕臣勝海舟と榎本武揚、西郷と大久保並び立たずか(神坂次郎)。廃刀令後の剣客の姿(津本陽)。シリーズの悼尾を飾る豪華執筆陣、お愉しみあれ。

著者等紹介

縄田一男[ナワタカズオ]
1958年、東京に生まれる。専修大学大学院文学研究科博士課程修了。歴史・時代小説を中心に文芸活動を続けている。『時代小説の読みどころ』で中村星湖文学賞受賞。『捕物帳の系譜』により大衆文学研究賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

 卑弥呼から明治の元勲まで、日本を創った傑物怪物列伝、一流執筆陣が繰りひろげる華麗な日本史絵巻。最終巻は山本周五郎描く橋本左内の最期からはじまり、西南戦争の内幕・西郷と大久保の確執(神坂次郎)まで。 山田風太郎・大岡昇平・早乙女貢・子母沢寛・綱淵謙錠・津本陽が登場。いずれ劣らぬ時代小説書きの錬達による珠玉の名作短編集。★文庫オリジナル