小学館文庫<br> 負債総額250兆円 特殊法人は国を潰す気か

  • ポイントキャンペーン

小学館文庫
負債総額250兆円 特殊法人は国を潰す気か

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 220p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094047219
  • NDC分類 335.7
  • Cコード C0195

内容説明

630兆円もの負債を抱えて日本は破綻寸前である。ところが、これとは別に250兆円もの負債が隠されている。国民ひとり当りに換算すると約200万円にもなるこの負債は、“特殊法人”が生み出したものである。現在、特殊法人は七八を数えるが、不必要なものも少なくない。にもかかわらず、廃止されないのは“天下り”先を確保しようとする官僚支配が原因である。巨額の負債を生み出す特殊法人の問題点を解き明かし、21世紀の特殊法人はどうあるべきか、またそのためにどんな改革が必要なのかを明らかにする。

目次

第1章 統廃合の序幕
第2章 こんな特殊法人は要らない
第3章 既得権にしがみつく官僚
第4章 「渡り」と「再々天下り」
第5章 経営感覚ゼロの官僚たち
第6章 抜本的改革の処方箋

出版社内容情報

日本を潰しかねない悪しき官僚支配の構造が明かされる。

 六三〇兆円もの負債を抱えて日本は破綻寸前である。ところが、これとは別に二五〇兆円もの負債が隠されている。国民ひとり当りに換算すると約2000万円にもなるこの負債は、“特殊法人”が生み出したものである。現在、特殊法人は七八を数えるが、不必要なものも少なくない。にもかかわらず、廃止されないのは“天下り”先を確保しようとする官僚支配が原因である。巨額の負債を生み出す特殊法人の問題点を解き明かし、二一世紀の特殊法人はどうあるべきか、またそのためにどんな改革が必要なのかを明らかにする。