小学館文庫
議員秘書という仮面―彼らは何でも知っている

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 217p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094046731
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C0131

内容説明

給与“ピンハネ”疑惑に口利きビジネス…と、今や“政界汚職の温床”とも揶揄される国会議員秘書たち。彼らは本当に悪役か?それとも議員の尻拭い役なのか?そもそも、秘書になるのはどのような人たちか。議員と秘書の関係は?公設と私設ではいったい何が違うのか。そして、彼らが本当に目指しているのは何なのか。現役の国会議員秘書たちを徹底取材。彼らの素顔を描き、そこから浮き彫りにされる永田町の実態を、生々しく活写した渾身リポート。小泉純一郎首相の首席秘書官・飯島勲氏のインタビューも収録。

目次

第1章 永田町ビギナーのための「秘書入門」
第2章 秘書は過酷な稼業ナリ
第3章 「首相秘書官」の正体を探れ!
第4章 こうして秘書は寿命を縮めていく…
第5章 歴史に残る秘書列伝
エピローグ 秘書は何でも知っている

著者紹介

上杉隆[ウエスギタカシ]
1968年、福岡県生まれ。都留文科大学文学部英文科卒業。衆議院議員公設秘書を経て、99年7月からニューヨーク・タイムズ東京支局取材記者。一連の田中真紀子前外相に関する報道で、「2001年度・雑誌ジャーナリズム賞」を受賞

出版社内容情報

給与疑惑から口利きまで??影の主役たちが素顔で語る!

"名義貸しに口利き……と、今や""政治家汚職の温床""とも揶揄される国会議員秘書たち。「彼らは一体なにする人ぞ?」という素朴な疑問に応えたのが本書。衆議院議員の元秘書であり、現在はニューヨーク・タイムズの取材記者である著者が、現役秘書たちを徹底取材し、その実態を解き明かす。秘書たちのぼやき、秘書しか知り得ない政治家たちの面白エピソード……など、この1冊で「永田町」がもっと面白く、もっと身近になる!"