震度7が残した108の教訓―阪神大震災 被災者が体育館で書いた

震度7が残した108の教訓―阪神大震災 被災者が体育館で書いた

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 188p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784093976510
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0077

内容説明

「深呼吸して“さて、どうする”と声を出せ」「たとえ10メートルでも家族と離れるな」etc.。あの恐怖を体験してわかった真のサバイバルマニュアル。

出版社内容情報

阪神大震災を神戸・ポートアイランドで遭遇した著者の最新リポート。地震への対応、準備する物、避難の仕方…あの恐怖を体験してわかった、生き残るために、生きのびるための教訓集。非常用バッグに必携の一冊。

目次
阪神大震災の被害とポートアイランド
震災前後のわが家の状況
1月17日<地震発生>タンスが倒れた!エアコンが振ってきた!
         余震が続く恐怖の中で
1月18日<地震から>避難所暮らしが始まった。水に食料に、行列
     2日目 最大の仕事だ
1月19日<地震から>水が止まった。排便には新聞紙、ビニール袋
     3日目 が不可欠だ
1月20日<地震から>道路で随所がめくれ上がっていた。水はこう
     4日目 して確保、保存。
1月21日<地震から>家に戻った。部屋中に散乱したガラス片をど
     5日目 う片付けるか
1月22日<地震から>地震後初のシャンプーの快感。それでも水は
     6日目 無駄に使えない
1月23日<地震から>通電はある。何役にも使えるホットプレート
     7日目 は重宝するぞ!
1月24日<地震から>娯楽番組で気を紛らわせろ。緊急情報はテロ
     8日目 ップが流れる!
1月25日<地震から>ついに疎開を決断。冷蔵庫のコンセントだけ
     9日目 を入れたままにして

教訓のまとめ
必携! わが家の個人データ&連

被災者が避難所の体育館で書いた