九十八歳。戦いやまず日は暮れず

個数:
電子版価格 ¥1,188
  • 電書あり

九十八歳。戦いやまず日は暮れず

  • ウェブストアに441冊在庫がございます。(2021年11月30日 12時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 200p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093965521
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

『九十歳。何がめでたい』の待望の続刊!

2016年に発売した『九十歳。何がめでたい』は2017年の年間ベストセラー総合ランキング第1位になり、現在までに130万部を超えるベストセラーになりました。
本作は、あれから5年、時は平成から令和にうつり、今秋98歳になる佐藤愛子さんが断筆宣言をした「さようなら、みなさん」を収録する「最後のエッセイ集」となります。

タイトルは、1969年に発売され直木賞受賞作となった佐藤さんの小説『戦いすんで日が暮れて』の本歌取り。夫が作った莫大な借金をひとり背負い込んで奮闘する妻(=佐藤さん)の姿を活写し、愛子センセイが世に出るきっかけになった代表作のひとつです。
それから52年、自身の最後となる本エッセイ集のタイトルに『九十八歳。戦いやまず日は暮れず』と付けたのは、借金は返済したけれど、人生の戦いはやまず、今も日も暮れていない――。愛子センセイが97年を生きて来た人生の実感です。愛子センセイがヘトヘトになりながら綴った、抱腹絶倒のエッセイ全21編をぜひご堪能ください。


【編集担当からのおすすめ情報】
『九十歳。何がめでたい』を読んでくださったたくさんの読者の皆さんに、こうして続編をお届けできることが何よりうれしいです。『九十八歳。戦いやまず日は暮れず』に収録された21編のエッセイは、佐藤愛子さんが女性セブンに「毎日が天中殺」という連載名で綴ったもので、連載中から大きな反響があったものばかり。「毎日が天中殺」と思えるほどの出来事が、愛子節たっぷりに、ユーモラスに綴られています。

最後に掲載されている「さようなら、みなさん」は70年を超える作家人生に幕を下ろすことを宣言した一編です。いつまでも佐藤さんの文章に触れていたい身としては寂しい限りですが、その断筆宣言にも、痛快で爽快で、破れかぶれの愛子節は健在!ゲラゲラ笑えて元気がわく天下無双のエッセイ集。ぜひお手元に置いてたっぷりとご堪能ください。

同日発売で、文庫本『増補版 九十歳。何がめでたい』も発売します。こちらには、単行本に、佐藤さんのインタビューや旭日小綬章綬章時の記者会見の一問一答、冨士眞奈美さんとの対談、瀬戸内寂聴さんの解説などを追加。単行本をご購入頂いた方々にも楽しんで頂ける永久保存版となっています。 ぜひあわせてご覧ください。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

178
「書くのをやめたらこの人は死にます」愛子先生の娘さんがタロット占いの名手に言われたそうだ。私もそう思う(不吉でもない)だから書いて!とはもう言えない。佐藤愛子98歳、筆を措(お)く。その言葉は寂しいが、これまで随分と楽しませていただいた。𠮟ってもいただいた。今はただ「ありがとうございました。」と言いたい。本作は既読の話もあったけれど何度でも楽しい。私のツボだったのは『別に老人が前向きに生きなければならないってことはないんじゃないの?』だった。 2021/09/11

あやっぴ

44
検査のための病院でのやりとり、北海道にある別荘の話など…当時は大変な思いをされたはずなのに、それを笑い話に変えてしまう。私もこのご時世で笑うことが以前より減りましたが、久々に何度もクスクスしながら元気をたくさんもらいました。しかし冒頭から「ヘトヘト」という言葉が繰り返され、最近は思うように文章が書けないとの理由で断筆する決意をされたようですね。70年以上も描き続けて(本当にすごいなぁ)残念ですが、今後、未読の作品も読みたいです。ありがとうございました。2021/09/13

なっち

39
義母へのプレゼントとして購入した本。贈る前に読ませていただきました。さらっと、あれは50年前…と書かれているけど私は50年前は生まれてもいない!佐藤愛子さん、この本にて筆を置かれるそうです。本当に長い間執筆活動を続けてこられたことに感服いたします。2021/09/26

ゆずぽん

37
すごいなぁ、愛子さん。毎日ヘトヘトとは思えないくらいバイタリティに溢れたエッセイ。ハハハと笑いながら面白く読み進め、ラストでびっくり。断筆と!!その仕舞い方は愛子さんらしく清々しいものでした。でも気が変わって、暇つぶしにちょびっと書いてくださっても嬉しいな、なんて欲深い私でした。たくさんの勇気や元気を頂きました。ありがとうございました。2021/10/25

パフちゃん@かのん変更

34
愛子さんのエッセイ集をたくさん読んでいるので、知っているお話もたくさんあった。11月には98歳になられるというのに、幼い頃の話もよく覚えておられてすごい。『わが老後』と、題して日常所感を書き始められたのは、満67歳になろうとしていた時だったそうだ。それから30年。「書くのをやめたら死にます」と医者に言われた。だから、ホントに死ぬかどうか験してみるんだよ」とのこと。本当に長い間お疲れさまでした。でも、100歳過ぎてからの心境も書いてもらいたいなと、切に望んでいます。2021/09/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18234268

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。