愛犬王―平岩米吉伝

電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

愛犬王―平岩米吉伝

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 335p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784093897037
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

昭和の初め自由が丘に数十匹の犬と暮らす男がいた。寝食を共にして犬たちの喜怒哀楽を観察した。雑誌「動物文学」を創刊し犬たちの詩歌を詠んだ。オオカミを飼い慣らして銀座を散歩したこともあった。犬を愛し犬科動物のすべてを極めようとした。稀代の研究家の情熱あふれる生涯。第12回小学館ノンフィクション大賞受賞。

目次

第1章 狼に憧れた神童
第2章 白日荘のにぎやかな住人
第3章 動物文学に集う人々
第4章 愛犬の系譜
第5章 戦火のなかの動物
第6章 犬は笑うのか?
第7章 狼との対話
第8章 奇人先生の愛した犬たち

著者等紹介

片野ゆか[カタノユカ]
1966年東京生まれ。東洋大学社会学部卒。人材募集広告の営業職を経て、フリーライターに。人と犬の生活をテーマにしたもの全般、グルメ・食文化、美容・ダイエット、各種生活情報などについて雑誌、書籍等で執筆。『愛犬王―平岩米吉伝』で第12回ノンフィクション大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

マリリン

42
狼に憧れた神童平岩米吉の原点は想像を絶する幼少期。昭和初期とはいえ自由が丘で犬・狼・コヨーテ・ジャッカル・狐・狸等を飼い、特に犬への深い愛情の記録から生まれた功績は計り知れない。オオカミの絶滅にもフィラリアが関わっていたとは。愛犬を亡くした米吉がとった行動から動物に対する敬愛の念を感じた。人と動物の関係は人と人との関係然りだ。陰で支えた妻や熱い絆で結ばれた父と娘。生涯をかけて愛した犬たちの事を書いた本を読んでみたい。「森から来た魚」に登場した広川農相然り、当時の人達の個性と愛情に満ちた生き方に惹かれた。2021/06/10

amabiko

1
平岩の伝記であると同時に、飼われていた犬の伝記?部分も多くを占める。それだけ犬と密接不可分の生涯だったということか。平岩の著作も適度に取り込まれていて、それらを読んでみようという気持ちもなった。ただ、重複する叙述が気になった。2021/09/10

tecchan

1
 昭和61年88歳で亡くなった「平岩米吉」。この作品を読むまで全く知らなかった人物。孤高の動物学者と言われ、戦前から自宅に多くの犬、狼、ハイエナまで飼育しその生態を研究、動物文学という分野を開拓した偉人。その情熱あふれる生涯に驚かされた。死後、住居と緑あふれる千坪余の敷地がそのまま残されていたが、遺族の区への寄贈の希望や、保存運動も叶わずマンションに変わるという記事をネットで見つけた。2020/08/10

姫草ユリ子

1
昔から犬って人間に飼われていたんでしょうけど、意外にその生態に迫ったのは近年に入ってからだったんですね。フィラリア対策など米吉が残したものは大きい。同じ愛犬家として尊敬の念を持ちました。「犬は笑うのか?」その答えは「笑う」だと思う。彼ら犬にも感情があるのだからそりゃ笑うだろう。少なくとも私の飼ってきた子達は笑っていると思う。しかし、オオカミやジャッカルまで飼うなんて当時としては本当に「奇人」だったんだろうな。いい奥さんと子供に恵まれてほほえましかった。2013/11/11

あくびこきぞう

1
在野のイヌ科動物研究者、動物文学、というジャンルを確立しようとした人の評伝。複数のシェパード、ハイエナ、オオカミ、キツネ・・・などなどを同時期に、飼育していた。主人公の趣味人っぷりよりも、家族の献身に敬服した。2012/05/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/202042

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。