花森安治と『暮しの手帖』

個数:
電子版価格 ¥1,263
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

花森安治と『暮しの手帖』

  • ウェブストアに29冊在庫がございます。(2016年12月09日 11時10分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093885003
  • NDC分類 289.1

内容説明

戦後一貫してお上に、最優先すべきは「ゼニ」ではなく、「いのち」だと主張してきた人。そんな「暮し」は今、実現できたのか―。NHK朝ドラで注目。花森安治をこよなく愛するプロたちが綴った、天才編集者の世界。

目次

第1章 花森安治の教える「考えるヒント」(「万人好み」ではなく「私好み」で;「人間だから」で判断しよう;「装釘」という文字 ほか)
第2章 花森安治を作った時代と人々(『帝国大学新聞』と「パピリオ」宣伝と;『暮しの手帖』の原点;伊東胡蝶園での花森と“師匠”佐野 ほか)
第3章 花森安治の好奇心と世の中(花森のものの見方;「アク」「くせ」のないものへ;花森と推理小説 ほか)

著者紹介

山田俊幸[ヤマダトシユキ]
1947年、新潟生まれ。帝塚山学院大学元教授。2002年、日本絵葉書会を設立。大正文化や紙物文化の保存と研究のため、大正イマジュリィ学会の創立に携わる

岩崎裕保[イワサキヒロヤス]
1948年、名古屋生まれ。帝塚山学院大学元教授。同志社大学法学部政治学科卒業、同大学院アメリカ研究科修了。ニュージーランド学会理事、とよなか国際交流協会理事、(特活)開発教育協会代表理事などを務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

暮しを豊かにするために闘った人物に迫る!

NHKの朝ドラで話題となった天才編集者の世界に迫る1冊。
第一章・花森安治の教える「考えるヒント」では、『暮しの手帖』誌上で人気企画となった〈商品テスト〉を含め、花森が調査し批評した上で意見表明したテーマを紹介。今も解決していない事柄もあり、今を見つめるヒントにもなります。
第二章・花森安治を作った時代と人々では、生い立ちから戦後『暮しの手帖』を大橋鎭子と始めるまでの歩みをたどり、花森という人物がどうやって作られていったかを見ていきます。
そして第三章・花森安治の好奇心と世の中では、花森のものの考え方にも話が及んでいきます。
戦時中は国策に利用され、戦後はお上の言うことは信ぜずに独自の姿勢を貫き、日本のあるべき暮しを追求した花森。『暮しの手帖』をこよなく愛していたプロ達が、花森の業績や考え方を分かりやすく綴っています。

山田 俊幸[ヤマダ トシユキ]

岩崎 裕保[イワサキ ヒロヤス]