教誨

個数:
電子版価格
¥1,108
  • 電書あり

教誨

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年06月24日 13時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 320p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784093866644
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

女性死刑囚の心に迫る本格的長編犯罪小説!

幼女二人を殺害した女性死刑囚が最期に遺した言葉――
「約束は守ったよ、褒めて」

吉沢香純と母の静江は、遠縁の死刑囚三原響子から身柄引受人に指名され、刑の執行後に東京拘置所で遺骨と遺品を受け取った。響子は十年前、我が子も含む女児二人を殺めたとされた。香純は、響子の遺骨を三原家の墓におさめてもらうため、菩提寺がある青森県相野町を単身訪れる。香純は、響子が最期に遺した言葉の真意を探るため、事件を知る関係者と面会を重ねてゆく。

【編集担当からのおすすめ情報】
ベストセラー『孤狼の血』『慈雨』『盤上の向日葵』に連なる一年ぶりの長編!

「自分の作品のなかで、犯罪というものを一番掘り下げた作品です。執筆中、辛くてなんども書けなくなりました。こんなに苦しかった作品ははじめてです。響子が交わした約束とはなんだったのか、香純と一緒に追いかけてください」
――柚月裕子

内容説明

事実と真実が反転する、慟哭のラスト!幼女二人を殺めた女性死刑囚、最期の言葉―「約束は守ったよ、褒めて」。

著者等紹介

柚月裕子[ユズキユウコ]
1968年岩手県生まれ。2008年『臨床真理』で第七回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞しデビュー。13年『検事の本懐』で第一五回大藪春彦賞を受賞。16年『狐狼の血』で第六九回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

651
2023年の第一作は、柚月 裕子の最新作です。柚月 裕子は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。本書は、目出度いお正月の雰囲気には相応しくない内容ですが、正に教誨、地方閉鎖社会虐め母娘孫三代負の連鎖悲劇、慟哭のミステリ感動作でした。 昨年読了していたら、2022年BEST20候補でした。今年も上々のスタートです。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002004.000013640.html2023/01/01

青乃108号

635
予約半年、ようやく読めた。柚月裕子の現時点での最新作。全編に渡り死刑囚の響子が不憫でやるせなく、胸が詰まる作品。死刑執行前の最後の言葉「約束は守ったよ、褒めて」。約束とは何だったのかは終盤明かされるが、そこにはあまりに悲しい事実が。「褒めて」…彼女の人生には成功体験がなく、人から褒めてもらった経験すらないのだ。辛すぎる人生に泣けてくる。さらに追い討ちをかけるように死刑囚を出した家が世間から受ける酷い仕打ちに鬱々としてくるが、遠縁の香純の尽力によりラストにようやく救いが訪れる。柚月裕子らしい秀作である。2023/09/03

パトラッシュ

632
古い因習にとらわれて外部の介入を拒絶し、少しでも反した者をいじめ抜くことで団結する歪んだ世界。「約束は守った」と言い残して死刑になった遠縁の女性の過去を探るうちに、そんな故郷で男の身勝手故に苦しみながら冷たい眼差しに耐えて生きねばならなかった、母娘二代にわたる悲劇的な過去が浮かび上がる。舞台となった青森で先日起きた5人が死んだ放火殺人でも数十年にわたる怨念が動機とされるなど、日本の田舎は今日も頑なに変化を拒んで暮らす人を追い詰める地獄と化している。不幸を再生産する風土こそ教誨されるべきと訴えるかのようだ。2023/05/01

ノンケ女医長

560
2人の幼い子どもを殺めた女性。10年間を服役し、極刑に処せられた。拘置所で過ごす間、丁寧な字で日記に遺した思い。「約束は守ったよ。褒めて…」(277頁) とつぶやき、執行室の床に沈んだ。38歳で命を閉じた響子の真実を、遠縁の女性が追究する。溢れ出る、彼女の薄幸さに誰もが口を閉ざす。みんなを傷つけて来てしまったと、ひたすら自責していた響子。もし他人の目や援助が入りやすい都会に生まれついていたら、少しでも幸せを実感できていたのだろうか。ひたすら、もの悲しくなる社会小説だ。2023/01/11

うっちー

480
重すぎる!!2023/01/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20383371
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。