絞め殺しの樹

個数:
電子版価格 ¥1,386
  • 電書あり

絞め殺しの樹

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 432p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784093866262
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

あなたは、哀れでも可哀相でもないんですよ

北海道根室で生まれ、新潟で育ったミサエは、両親の顔を知らない。昭和十年、十歳で元屯田兵の吉岡家に引き取られる形で根室に舞い戻ったミサエは、ボロ雑巾のようにこき使われた。しかし、吉岡家出入りの薬売りに見込まれて、札幌の薬問屋で奉公することに。戦後、ミサエは保健婦となり、再び根室に暮らすようになる。幸せとは言えない結婚生活、そして長女の幼すぎる死。数々の苦難に遭いながら、ひっそりと生を全うしたミサエは幸せだったのか。養子に出された息子の雄介は、ミサエの人生の道のりを辿ろうとする。数々の文学賞に輝いた俊英が圧倒的筆力で贈る、北の女の一代記。

「なんで、死んだんですか。母は。癌とはこの間、聞きましたが、どこの癌だったんですか」
今まで疑問にも思わなかったことが、端的に口をついた。聞いてもどうしようもないことなのに、知りたいという欲が泡のように浮かんでしまった。
「乳癌だったの。発見が遅くて、切除しても間に合わなくてね。ミサエさん、ぎりぎりまで保健婦として仕事して、ぎりぎりまで、普段通りの生活を送りながらあれこれ片付けて、病院に入ってからはすぐ。あの人らしかった」(本文より)


【編集担当からのおすすめ情報】
絡み付いてね。栄養を奪いながら、芯にある木を締め付けていく。最後には締め付けて締め付けて、元の木を殺してしまう。その頃には、芯となる木がなくても蔓が自立するほどに太くなっているから、芯が枯れて朽ち果てて、中心に空洞ができるの。それが菩提樹。別名をシメゴロシノキ。

内容説明

最果ての地北海道根室で、“多難の道”を歩き続けた女。最注目作家、入魂の大河巨編!

著者等紹介

河〓秋子[カワサキアキコ]
1979年北海道別海町生まれ。2012年「東陬遺事」で第46回北海道新聞文学賞(創作・評論部門)、14年『颶風の王』で三浦綾子文学賞、15年同作でJRA賞馬事文化賞、19年『肉弾』で第21回大藪春彦賞を受賞。20年『土に贖う』で第39回新田次郎文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

270
第167回直木賞候補作ということで読みました。漸く5/5、コンプリートです。河崎 秋子、初読です。先入観なしで読んだので、タイトルからホラーかミステリだと思ったのですが、根室の地の母息子の凄まじい半生記、骨太の感動作でした。 昭和の小説で新しさがなかったので、直木賞受賞に至らなかったのでしょか❓ https://shosetsu-maru.com/interviews/authors/quilala_pickup/1602022/07/28

いつでも母さん

182
はぁ、河﨑さんは又なんて物を読ませるのか。第一部の橋宮ミサエの一生を思うと、女として憤りや哀しさ、虚しさで溢れ、母としてこみ上げる怒りと涙で苦しい。ミサエに何度も「逃げなさい」と思いながら読み進めた。地縁、血縁、貧困、根室と言う空の低い感じに、閉鎖的な社会や世間の視線が痛い。第二部はミサエの手放した息子・雄介の話。現実を生きながら明らかになる実母・ミサエの事や、小学生の時にいじめで自死した姉の事が根底について回る。因縁の男に「俺は、あんたにちゃんと嫌われてやるから」と放った言葉が胸をすく。2021/12/27

みっちゃん

172
次から次へと人間の持つ嫌な面を見せつけられているようでしんどい。勿論これが荒唐無稽な事ではなく、血と地のしがらみに縛られた、多くの名もなきモデル達の苦しみと悲しみの実態だったのだ、とは理解しつつも主人公が幾つもあった人生の岐路で何故困難な道ばかり選ぶのか、もどかしくて堪らなかった。が第二部に入り、彼女の息子が理不尽に搾取、利用しようとする輩に朴訥で不器用ながらもしっかりと対峙する姿にいつしか「頑張れ、負けるな」と応援する自分がいた。あんたが選んだ敢えて険しいその道、どうか幸いあれ、と願うよ。2022/01/28

美紀ちゃん

171
母ミサエの話と息子の雄介の話と2部構成。朝ドラっぽい話。ドラマ化しそう。300ページあたりからが面白くてそこから一気読み。雄介の祖父の葬儀で、実母や実姉の情報が多く入ってきて色々考えるあたりから面白い。菩提樹の別名がシメコロシノキ。雄介は冷静で判断力があり良い青年。あんな家で育ったのに。好感度高め。応援したくなる。表紙をよく見ると白い猫が。息子を見守りたい母の生まれ変わりと思った。小山田にハッキリと言い返すところとか、育てのお母さんに家を出ることを勧めるところは感動。いい息子。光さす終わり方でスッキリ。2022/07/10

おくちゃん🍧柳緑花紅

156
酷い酷い!辛い辛い!理不尽理不尽!母を知らないミサエは祖母の死で新潟の親類宅へ10歳のときに故郷根室に帰ってきた時から扱いやすく虐げやすい者として扱われ他者の助言により学ぶ場を与えられ札幌で看護婦に。望まれて又根室に戻り保健婦として働くが。。優しくて強い人程他の人によりかかられ重荷を背負わされ泣くことも歩みを止める事も出来なくなる。第一部は、ミサエさんの生涯。第二部は、養子に出したミサエさんの息子雄介。彼もまた理不尽の中にいたが、それでもこの地に根をはり絞め殺される事を断ち切る決意。君ならきっと! 2022/03/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18957112

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。