越し人―芥川龍之介 最後の恋人

個数:
電子版価格 ¥1,555
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

越し人―芥川龍之介 最後の恋人

  • 谷口 桂子【著】
  • 価格 ¥1,728(本体¥1,600)
  • 小学館(2017/07発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 32pt
  • 提携先に4冊在庫がございます(2017年12月11日 19時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 319p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093864749
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

晩年の芥川龍之介が叙情詩を捧げた相手は、十四歳年上の歌人だった。文豪と美貌の「文学夫人」の秘められた恋物語。

著者紹介

谷口桂子[タニグチケイコ]
小説家、エッセイスト、俳人。1961年三重県四日市市生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

文豪と美貌の「文学夫人」の秘められた恋

芥川龍之介が死去したのは昭和2年(1927)7月24日。死後90年の節目にあたる2017年7月に、芥川の「最後の恋人」とひそかに語られている歌人、片山廣子を主人公とした小説を刊行いたします。14歳年上の上流夫人で、アイルランド文学翻訳者としても名を知られていた廣子と芥川の軽井沢での出会い、そして情熱的な手紙のやりとり。廣子の娘と堀辰雄の成就しなかったロマンスをサイドストーリーに、誇り高く情熱を胸に秘めた「幻視者」廣子の人生を、女性作家の視点で活写する渾身の書き下ろし長編です。
芥川が「才知の上にも格闘できる女に遭遇した」(「或阿呆の一生」)と書き、菊池寛が「最もすぐれた日本女性」とその才能を絶賛した廣子は、芥川の死後世間との関わりを絶ってひっそりと生きますが、最晩年にエッセイ集と歌集を刊行して高い評価を受け、79歳で亡くなります。女性のみごとな生き方のひとつの例として、片山廣子の人生は私たちに一筋の光を当ててくれます。


【編集担当からのおすすめ情報】
芥川と片山廣子をめぐっての公開イベントを計画中です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件