風の向こうへ駆け抜けろ

個数:

風の向こうへ駆け抜けろ

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年10月17日 14時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 357p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093863759
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

地方競馬を舞台に繰り広げられるはみだし者達の熱い闘いと優しい愛の物語。

著者紹介

古内一絵[フルウチカズエ]
1966年東京都生まれ。映画会社勤務を経て、中国語翻訳者に。第五回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞し、2011年『快晴フライング』(ポプラ社刊)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

絆、再生、挑戦…圧倒的爽快感の人間ドラマ

芦原瑞穂(18歳)は地方競馬界にデビューした、数少ない女性騎手。敬愛する亡き父親への思慕から競馬界に身を投じた。だが、彼女の受け皿となったのは今にもつぶれそうな「藻屑の漂流先」と揶揄される寂れた弱小厩舎。そこにいる調教師、厩務員たちは皆それぞれが心に傷を抱え、人生をあきらめきったポンコツ集団だった。
弱小厩舎のため強い競走馬も持てず、さらなる嫌がらせを受け、困っていた矢先に出合った一頭の馬。虐待により心身共にボロボロだったこの馬も懸命な介護と歩み寄りにより、生まれ変わったかのような素晴らしい競走馬に変貌を遂げる。当初は廃業寸前だった厩舎も、瑞穂の真摯な努力と純粋な心、情熱から、徐々に皆の心は一つとなり、ついには夢のまた夢である狭き門、中央競馬の桜花賞を目指すまでになる。が、その行く手には様々な試練が待ち受ける。温かな絆でつながった彼らの運命は…?
偏見、セクハラ、虐待、裏切り、老い…。様々な理由から心に傷を抱え、人生をあきらめかけている人間達の起死回生ストーリー。人は何歳からでも成長できる、そして人生はやり直せる。すべての方々に読んでいただきたい、人生への応援歌となる1冊です。


【編集担当からのおすすめ情報】
もともと乗馬が趣味で馬が大好きな著者がみっちりと一年間かけて取材したからこそ可能になった臨場感溢れる競馬描写、馬好きだからこそ書ける馬への愛情溢れる目線…。
競馬にまったく興味がない人も、競馬好きも大満足の面白さ。そして何よりも、不器用で傷つきながらも懸命に生きる人間への、人生へのまっすぐな愛情が爽やかな感動を呼ぶヒューマンドラマの大傑作です。
読後の圧倒的爽快感を是非体感してみてください。
小説の力を感じるはずです。

プロローグ 4
1 卒業 6
2 出発 17
3 厩舎 28
4 追憶 49
5 初戦 64
6 特別 78
7 秘密 90
8 真相 108
9 苦戦 124
10 決意 136
11 運命 154
12 夜空 167
13 調教 174
14 能試 189
15 認定 206
16 遠征 223
17 女王 244
18 反動 261
19 傷痕 282
20 挑戦 304
21 桜花 336
エピローグ 355

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件