青春ぱんだバンド

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784093863322
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

鼻の奥がツンとする本格青春小説が誕生!

琵琶湖畔を舞台とする高校3年生5人のバンドを巡る熱く切ないひと夏の物語。舞台は2001年ごろの琵琶湖を望む滋賀県長浜市。京都に近いが北陸にも近いという微妙な田舎町。主人公は地元の名門校に通う高校3年生男子。大学受験の大事な夏休みに、地元のヤンキー農業高校生に脅されて学園祭出演バンドを作ることに。ほかのメンバーは医学部志望とアイドル好きの同級生。そして演奏曲としてきまったのはなぜか「さだまさし」? ピアノが巧みな不良美少女への思いも高まる。数々の困難を乗り越え、果たしてバンドは舞台に立てるのか。思いもしなかった高校最後の夏が始まる。……。
地方の名門高校生を取り巻く旧態依然とした教師たちへのアンチテーゼを織り込みながら、大人となった彼らのそれぞれの人生も描く。

内容説明

琵琶湖を舞台に、にわかバンドを結成した高校3年生5人組のとびきり熱くキュートなひと夏の物語。第3回『きらら文学賞』受賞。

著者等紹介

瀧上耕[タキガミコウ]
1982年、滋賀県生まれ。立命館大学産業社会学部卒。臨時教員を経て教職に就く。『青春ぱんだバンド』で第3回『きらら文学賞』受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。