文章術の千本ノック―どうすれば品格ある日本語が書けるか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093861007
  • NDC分類 816
  • Cコード C0081

出版社内容情報

この本を著すためにわざわざ特別授業を開き、容赦ない添削特訓を実践。そのライブ再現版である本書では、まさに当代きっての名文家の個人レッスンを体験できる。『リンボウ式コンピュータ文章術』特講編も必読。

 あのリンボウ先生が赤ペン添削の鬼に! 文章読本は数々あれど、これほどまでに実作トレーニングに徹し、懇切丁寧な赤ペン添削でフォローした指導書は絶無である。文章表現力は適切な特訓によって確実にスキルアップする! という信念から、この本を著すためにわざわざ延べ9時間以上の特別授業を試み、その全プロセスを再現したのが本書。情け容赦のない赤ペン添削の実例も、赤黒2色印刷でライブに体験できるので学習効果満点。「リンボウ式コンピュータ文章術」も特別収録。どうすれば、リンボウ先生ならではの知的で上品な日本語使いになれるか。どうすれば、言葉のセンス・知性を磨き、相手を感心させるオトナの文章表現作法を身に付けられるか。そんな目的をかなえる必読テキスト。

内容説明

リンボウ先生、赤ペン添削の鬼となる!品格ある日本語表現のコツ。

目次

第1章 リンボウ先生の文章術講義(文字を惜しめ;文章の第一要件は「客観性」にあり;エッセイと観察 ほか)
特別講義 リンボウ先生のコンピュータ文章術―コンピュータで書くこと(コンピュータで書いてきた歴史;コンピュータで書いたほうが良い文章が書ける;コンピュータはキーボードで書くのが断然速い ほか)
第2部 リンボウ先生の添削講義(朝日カルチャーセンター編;共立女子大学編;その他の作品について)

著者等紹介

林望[ハヤシノゾム]
1949年東京生まれ。作家、書誌学者。慶応義塾大学大学院博士課程修了。ケンブリッジ大学客員教授、東京芸術大学助教授等を歴任。『イギリスはおいしい』で日本エッセイスト・クラブ賞、『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録』で国際交流奨励賞、『林望のイギリス観察辞典』で講談社エッセイ賞を受賞。和漢、雅俗の文章作法に通じた当代一流の日本語使いとの定評を博し、多数のエッセイ、小説の他に、古典論、能楽論、歌曲のための詩作等も手がける
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

コットン

76
まーちゃんのレビューを見て読みました。いゃー、文章を書く時の客観性の難しさを実感します。一般人の作文をリンボウ先生が的確に添削していて素晴らしい!(当分へこんでしまいそうです。)2013/09/02

まーちゃん

42
文章の書き方、パソコンを使った文章の作り方、添削作文を題材に具体的なアドバイスをする三部構成。 小中学校では日記や作文、読書感想文など書いたし、その後は小論文やレポートも数多く書いた。 ただ文章の書き方で教わったのは、小学生の頃に「てにをは」と原稿用紙の使い方くらいで、それ以来ずっと我流で文章を書いてきたことに少し驚いた。 参考書のように並んだ要点は新鮮で、添削・講評された受講生の文章は具体的な指摘が興味深く、注意を受けた文章や書き方には共感を覚え、恥ずかしくてアイタタタ・・となったりした。(→続)2013/08/23

おいしゃん

18
文章の上手い下手は紙一重、というのが、著者の添削例を通してよくわかった。小説にしても、エッセイにしても、第三者にその出来事を面白く、かつリアルに読ませるのは難しいなぁ。2014/03/13

おとなふみちゃん

7
64~80ページを母に見せたい。大変役に立った。文章の描写は大切。です×。だ○。とても辛口で、生徒の作文にもびしばし赤ペンチェック入りまくり。ひどすぎる…と思うほど辛口なところがかえってすっきりする。2011/12/22

zoros

5
添削した例を読むと、添削前がいらない文で埋められているのがよくわかる。 2017/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/23734

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。