逆説の日本史〈23〉明治揺籃編―琉球処分と廃仏毀釈の謎

個数:

逆説の日本史〈23〉明治揺籃編―琉球処分と廃仏毀釈の謎

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月17日 04時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 381p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784093798983
  • NDC分類 210.04
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「平和ボケ」ニッポンを宗教で立て直せ!

日本人の宗教は平安中期から明治維新までのおよそ1000年にわたって、日本古来の民族宗教である神道と外来の世界宗教である仏教とが融合し合体した「神仏混淆教」であった。仏教の持つ「怨霊鎮魂機能」と「死穢除去機能」が、神道の欠点を補う形で日本人に広く定着したのである。
だが維新後開国した日本には、「一神教」であるキリスト教を国教とする欧米列強に対抗するための「宗教の強化」が急務となった。そこで考え出されたのが、天皇の祖先神に対する信仰を強化することによって天皇の権威を高め、国民の統合原理にすることであった。その第一歩が、“野蛮な外国の原理”である仏教を排除し神道を純化するための「神仏分離」である。1868年(慶応4)、全国の神社における僧形の神官に還俗が命じられ、次いで「権現」など仏教語を神号とする神社の神号変更、さらに仏像を神体とすることが禁じられた。
この政府の方針に力を得た神社関係者や朱子学信奉者は全国で仏堂を壊し、仏像や経典を焼却するなどの暴挙に出た。「廃仏毀釈」である。彼らによって日本古来の貴重な仏教遺産は悉く破壊された。あの奈良・興福寺の五重塔さえ、スクラップとして売り払われようとしたのである――。


【編集担当からのおすすめ情報】
『週刊ポスト』で四半世紀にわたり連載中の歴史ノンフィクションの金字塔『逆説の日本史』。その最新刊となる本書では、「大日本帝国構築編」に入ります。
「琉球処分」「廃仏毀釈」といった、教科書では簡単にしか触れられていないものの、大日本帝国の建設に大きな影響を与えた事象を、「井沢史観」で明快に解説しています。
また、井沢史観の根底をなす「近現代史を歪める人々」も収録。「組織を滅ぼすバカトップ問題」とは何か? 必読です!

第一章 近現代史を歪める人々――日本を蝕み続ける「バカトップ」問題
第二章 琉球処分と初期日本外交――朱子学という亡国の「毒酒」
第三章 廃仏毀釈と宗教の整備――「平和ボケ」ニッポンを「内教」で立て直す

井沢 元彦[イザワ モトヒコ]
著・文・その他

内容説明

歴史ノンフィクションの金字塔!!僧侶の肉食妻帯解禁は「陰謀」だったのか?神道vs仏教!「国教」とすべきはどちらか!?

目次

第1章 近現代史を考察するための序論 近現代史を歪める人々―日本を蝕み続ける「バカトップ」問題(歴史学者の良心とは何か?近現代史における「事実捏造」;朝日新聞編集幹部による「日本新聞史上最低最悪の記事」とは?;「世論を自分たちの望む方向に導くことこそ正義」という鼻持ちならないエリート意識 ほか)
第2章 大日本帝国の構築1 琉球処分と初期日本外交―朱子学という亡国の「毒酒」(言語、文化、宗教―琉球人のアイデンティティは日本に近い;家康が琉球を「王国」のまま存続させた深慮遠謀とは?;「琉球王国」カードを有効に使った薩摩藩の経済的センス ほか)
第3章 大日本帝国の構築2 廃元毀釈と宗教の整備―「平和ボケ」ニッポンを「内教」で立て直す(欧米列強に負けないための「神道+朱子学」という新宗教;世界宗教史上でも類を見ない「民族宗教と世界宗教の対等合併」;「日本の神々こそ最高の存在」と説く「反本地垂迹説」理論 ほか)

著者等紹介

井沢元彦[イザワモトヒコ]
作家。1954年2月、愛知県名古屋市生まれ。早稲田大学法学部卒業。TBS報道局記者時代の80年に、『猿丸幻視行』で第26回江戸川乱歩賞を受賞。現在は執筆活動に専念し、独自の歴史観で『逆説の日本史』を『週刊ポスト』にて好評連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ren5000

29
序章は朝日新聞の批判のオンパレードであれ?日本史は?と思ったけど常々朝日やマスコミの都合のいいことしか報道しないジャーナリズムに辟易していたので溜飲が下がった思いがして楽しく読めました。もちろん本題の琉球処分や廃仏毀釈の話も興味深く、朱子学の毒性に再度戦慄を覚えました。2018/02/14

坊ちゃん

21
廃仏毀釈は政府の公式見解であって実行犯は、政府におもねる民間人が犯人なのですね。今思うともったいないです。数々の国宝級の仏像が焼かれたのだから。2018/04/01

シュラフ

19
「その日筑紫は「拉致問題なんてでっち上げに決まっている」と「うそぶいていた」そうだ。ところがニュースの本番中に「北朝鮮が拉致を認めた」という一報が入ってきて、筑紫は形相を変え絶句したという。」筑紫哲也といえば長らくNEWS23のメインキャスターを務めたロマンスグレーの知的な風貌で、いかにも日本の知性といった人物であった。いまになってみればその言説がいかに反日・左翼的な歪んだものであったかは、井沢元彦の指摘する通りである。見た目にとらわれずに、事実関係を正確に把握したうえで、しっかりものを考えることが大事。2021/09/11

RASCAL

19
「廃仏毀釈」と「琉球処分」、教科書ではあまり詳しく語られないテーマで大変楽しみに手に取ったのですが、半分くらいまでは歴史ではなく朝日新聞批判と韓国批判。これ朝日新聞が誤報を謝罪した頃に執筆したのかな。井沢さん、鬼の首を取ったような喜びようです。確かに朝日新聞の誤報は日本の国益を大きく損なわしめるもので謝罪は遅きに失しているし、日本国憲法も「神聖にして犯すべからず」ではなく国民投票をやったら良いと思いますが、それにしてもくどい。早く廃仏毀釈の話に入ってくれよと思ってしまいました。2018/06/14

17
以前のシリーズを参照してほしいとの記述が増えたように感じたほか、同じ主張の繰り返しで、だんだんくどくなってきたと思いますが、朝日新聞をはじめとしてそこまで言っても改まらないもの、人々があるからなのでしょう、内容は儒教というより新儒教、朱子学の害毒についてが半分以上を占めるので、『逆説の世界史1』を読んでおくとより理解が深まると思います。廃仏毀釈は馴染みが薄いかもしれませんが、ISはともかく文化大革命にも似たところがあり、貴重な文化財が破壊されたことは心が痛みます。2017/11/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12368319

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。