奇跡の歌―戦争と望郷とペギー葉山

個数:
電子版価格 ¥1,555
  • 電書あり

奇跡の歌―戦争と望郷とペギー葉山

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年10月21日 13時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 390p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784093798938
  • NDC分類 767.8
  • Cコード C0095

内容説明

「異様に熱い何かが、まるで波が打ち寄せてくるように、何度も何度も私に迫ってきました」ペギー葉山は“歴史的瞬間”をそう語った。中国で戦った歩兵第236連隊(鯨部隊)の「望郷の歌」は、姿とかたちを変えて今も生き続けていた。運命という言葉だけでは表わせない「奇跡の歌」が辿った道―。渾身の取材で描き出す感動ノンフィクション。

目次

第1部 苦難を越えて(鯨部隊の最前線へ;壮烈な戦闘;不思議な力を持った歌;鯨と豹;大陸から帝都へ)
第2部 勇気と希望の歌(数奇な運命を辿った歌手;異彩を放つ「音楽家」;成長するジャズ歌手;異色の音楽プロデューサー ほか)

著者紹介

門田隆将[カドタリュウショウ]
1958(昭和33)年、高知県生まれ。中央大学法学部卒。作家・ジャーナリストとして、政治、経済、司法、事件、歴史、スポーツなど幅広い分野で活躍している。『この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫)で第19回山本七平賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

太平洋戦争末期、鯨部隊で歌われた「南国節」。極限の戦場で兵たちは歌に救われていた。戦後、『南国土佐を後にして』を国民的ヒット