ヒトラーの女スパイ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784093564915
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0097

内容説明

FBI長官フーバーから「頭が良く、狡猾で、1万人の男のスパイより危険な女スパイ」と恐れられた女性がいた。本書は、野心いっぱいの美貌のユダヤ人少女がプリンスの称号を持つ貴族と結婚し、ユダヤ人でありながらヒトラーの信頼を得て、外国の上層階級にナチ政権の支持者を獲得するが、やがてヒトラーとの間に確執を生じてアメリカに亡命する話である。

目次

プリンセスを目指した少女
ロザミア卿との出会い
ヒトラーの「親愛なるプリンセス」
宿敵リッベントロップ
イギリスの親ナチ派
ウィンザー公夫妻のドイツ訪問
アメリカ旅行
ヒトラーをめぐる女の闘い
ヒトラーの女スパイ
レオポルズクローン城の女主人
ドイツ脱出
シュテファニー対ロザミア卿
スパイから平和の使者への転身
アメリカ追放の危機
最後の花道

著者紹介

シャート,マルタ[シャート,マルタ][Schad,Martha]
1939年ミュンヘン生まれ。アウクスブルク大学で歴史学と美術史を学び、フッガー家の女性たちに関する研究で博士号を取得。現在フリーライターとして活躍しており、歴史上の女性に関する著書が多い。20世紀末のオーストリア・ドイツ王家や、ナチスドイツ時代の女性をテーマに選んでいる

菅谷亜紀[スガヤアキ]
横浜出身。ボッフム大学ドイツ文学部修士課程卒業。東京ドイツ文化センター勤務後、ドイツ語通訳およびNHK国際放送局にてドイツ語放送に携わる。在ドイツ大使館勤務

上田浩二[ウエダコウジ]
1993年より筑波大学現代語・現代文化学系教授。96年、ベルリン自由大学客員教授。2004年よりベルリン日独センター副事務総長(日本側代表)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

FBIにも恐れられた「プリンセス」の秘史!

プリンセス・シュテファニー・フォン・ホーエンローエ ─―ユダヤ人であるにもかかわらず、ヒトラーのスパイとして活躍した女。一般市民に生まれながらプリンセスの称号を得、人脈を駆使して、イギリス上層階級の親ナチス派に強く働きかけ、情報収集やナチスの対英外交に深くかかわった。ドイツだけでなく、イギリスのスパイとしても働いたとされるが、真相はいまだ謎に包まれている。本書は、FBI長官フーバーから「頭が良く狡猾で、1万人の男のスパイより危険な女スパイ」と恐れられながら歴史の渦に埋もれ、日本ではこれまであまり知られていなかった女性の貴重な記録である。