ガールズ・ナイト

ガールズ・ナイト

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 379p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784093560313
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

大学を卒業していっしょにハリウッドに乗り込んだ四人の女性。ショウビジネス界で苦闘しながらも強い絆で結ばれた彼女たちに何が起ったか。映画『フォーエバー・フレンズ』の原作者が描く、90年代の女の友情物語。

出版社内容情報

ハリウッドのショウビジネス界に生きる大学の同級生四人。変わらぬ友情で支え合う様子を知的にユーモラスに綴る。映画『フォーエバー・フレンズ』の原作者が描く女の友情物語。

オスカーにノミネートされたこともある脚本家のローズ、映画会社の重役エレン、グラマーなテレビ女優ジャン、有名なコメディアンヌのマーリー。ハリウッドでキャリアを積んで一応の成功をおさめるが、ショウビジネス界の現実は厳しく、中年女性の出番は限られており、先行きの不安は拭いきれないが、志を持ち続け、いつかは自分たちの映画を作ろうと誓う。 本書の主人公たちは学生時代から今日まで“ガールズ・ナイト”と称して互いの家に集まっては、スターとの恋、こどものこと、仕事上のセクハラ、何でも打ち明け合い、励まし合って夜を明かすのを楽しみにしている。 一方、この四人に嫉妬するかつての大学の同級生ベティは優秀な成績で卒業するが、家庭に入り女優への夢を捨てた。いまではその家庭も壊れ、こどもも夫にとられパートで働くが、女優への夢を捨てきれず、ハリウッドに出て来て仕事を頼むためにジャンの家を訪ね、はずみで彼女を撃ってしまう。 ジャンが入院している病院に集まった三人は彼女の回復を祈りながら最後の“ガールズ・ナイト”の幕を開ける。不測の事態を迎え、今まで話したことのない話を交互に打ち明ける。虚実入り交じった裏話が面白く、ショウビジネス界の舞台裏が