世界一細かすぎる筋トレ栄養事典

個数:
電子版価格
¥1,178
  • 電書あり

世界一細かすぎる筋トレ栄養事典

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2024年06月24日 13時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 192p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784093115278
  • NDC分類 780.7
  • Cコード C2075

出版社内容情報

食事×筋トレで理想のカラダをつくれる本

『世界一細かすぎる筋トレ図鑑』につづく第2弾は、
国内ボディビル大会で優勝(40代4年ぶり!)、
世界大会にて3位となるまでの体験、
そして研究者としての知見から得た
「生きていくうえで必須の行為『食事』を、いかにボディメイクに生かすか」がテーマ。

努力をしても成果が上がらないとき、私たちはトレーニング法を疑う。
しかしバズーカ岡田いわく「目を向けるべきなのは、むしろ食事かもしれません」
「栄養は筋肉の素材になるだけでなく、トレーニングのパフォーマンスや脂肪の燃焼、内臓や血液、神経による機能調整まで、さまざまな側面でボディメイクと関わっています。
どんなに完璧なトレーニングを心がけ、日々怠らずに実践していても、
適切な食事が摂れていなければ、効果は激減してしまうのです」。

本書には、あなたに必要な栄養素は何かに気付く「知識」、それを効率的に摂り込む「方法」を詰め込みました。
5大栄養素はもちろん、機能性成分のケルセチンやタウリンなど
ボディメイクに1ミリでも関係する栄養素はすべて解説、その数130以上。
著者がコンビニで買うおすすめ食から、「除脂肪」「筋肥大」の最終アンサーも。


【編集担当からのおすすめ情報】
【主な内容】
●第1章 人体のしくみを知らずして食事の管理はできない!
消化・吸収のメカニズム/栄養供給のメカニズム/エネルギー代謝のメカニズム
●第2章 ボディメイクと5大栄養素の深すぎる関係
糖の代謝/脂質の代謝/タンパク質の代謝/ビタミンの働き/ミネラルの働き
●第3章 役割をイメージせよ!ボディメイクの細かすぎる栄養事典
単糖類/二糖類/多糖類/食物繊維/リポタンパク質/脂肪酸/必須アミノ酸/非必須アミノ酸/その他アミノ酸/ペプチド/水溶性ビタミン/脂溶性ビタミン/多量ミネラル/微量ミネラル/機能性成分

●第4章 栄養学の知識を自分のカラダに落とし込め!
筋肥大の食事/除脂肪の食事/食事のカスタム術

●岡田隆のバズーカコラム
グリコーゲンローディングの正解とは?/20分以上運動しなくても脂肪は利用される/糖質の利用が除脂肪につながる/筋合成に効くのはオールアウト一択/運動前後の糖質摂取はどうする?/糖質制限の正解って?/バズーカ岡田の推しメシ「スーパー大麦」/ケトジェニックと筋肥大・筋力・パワー/BCAAってなに?/運動時のアミノ酸摂取/プロテインパウダー、ペプチド、EAA、BCAAを考える/プレワークアウトサプリメント/食事とプロテインをどう摂取するか?

●バズーカ岡田の休養コラム
運動と食事に並ぶ、睡眠の重要性/オフの日の理想の過ごし方とは?

――など。

【著者】
岡田隆(おかだたかし)
日本体育大学体育学部教授/博士

内容説明

食事(食材・摂取量・タイミング)を目的に合わせ最適化すれば、理想のカラダは手に入る。BCAA・EAAと筋肥大、脂肪酸の真実、ペプチドの意外な実力、話題のルチン、共役リノール酸…バズーカ岡田が導いた「筋トレ×栄養」の最終結論。

目次

第1章 人体のしくみを知らずして食事の管理はできない!(消化・吸収のメカニズム―食事を口に入れた瞬間から身体は反応する!;栄養供給のメカニズム―栄養供給の元締めは「肝臓」である! ほか)
第2章 ボディメイクと5大栄養素の深すぎる関係(5大栄養素とボディメイク―5大栄養素を制する者は身体づくりを制する!;糖の代謝―人間の身体は「糖力発電」? ほか)
第3章 役割をイメージせよ!ボディメイクの細かすぎる栄養事典(ボディメイクの細かすぎる栄養事典―細かすぎるほどに栄養素を使いこなせ!;炭水化物―炭水化物のボディメイク的メリット&デメリット ほか)
第4章 栄養学の知識を自分のカラダに落とし込め!(筋肥大の食事―筋肉を大きく育てる「筋肥大」の食事管理;除脂肪の食事―体脂肪を削ぎ落とす「除脂肪」の食事管理 ほか)

著者等紹介

岡田隆[オカダタカシ]
ボディビルダー/日本体育大学体育学部教授/博士(体育科学)/理学療法士/日本オリンピック委員会科学サポート部門員/日本ボディビル・フィットネス連盟ジュニア委員会委員長/骨格筋評論家/バズーカ岡田。トレーニングは「心と身体を鍛えるもの」をポリシーに、トップアスリートから一般の方まで、さまざまなフィールドでそれぞれに適した身体づくりを提案・指導している。1980年、愛知県出身。日本体育大学卒業、日本体育大学大学院修了、東京大学大学院単位取得満期退学。厳しいトレーニングと減量から成るボディビルは、身体だけでなく心も鍛えるとして学生指導の核に掲げており、日本体育大学バーベルクラブの顧問を務めている。自身もウエイトトレーニングの実践者として2014年にボディビル競技に初挑戦。デビュー戦の東京オープン選手権大会70kg級で優勝。16年には日本社会人選手権大会を制し、日本選手権大会には16年、17年に連続出場している。4年ぶりの復帰を果たした2022年シーズンでは『第34回日本マスターズボディビル選手権大会』40歳以上にて優勝を果たす。それによりIFBB世界ボディビル選手権大会(スペイン)に日本代表として派遣され、40-44歳70kg以下級において第3位となった。また実践と学術研究から得られた実践的・科学的知見を実際に享受できる場として、パーソナルジム「STUDIO BAZOOKA」やボディケアサロン「ACTIVE RESET」を展開。2021年まで柔道全日本男子チーム体力強化部門長を務め、2016年リオデジャネイロオリンピックでは史上初全階級メダル制覇、2021年東京オリンピックでは史上最多金メダル5個獲得に貢献(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

せっちゃんさん

14
これは定期的に読むべき本。岡田隆先生のシリーズ2冊目。前作が筋トレで、今作は栄養。親切なのは、タイトルに反して冒頭に「とにかくこれ食べときゃ大丈夫!10選!」があること。本当に細かい知識まで掲載されてるけど、構成・レイアウトが分かり易くて本当に事典風に使える。自分もこれくらい語れる何かを持ちたいと思わせてくれる1冊。2024/03/06

moe

1
除脂肪メソッドから岡田先生のファン。タイトル通り細か過ぎる栄養の知識がいっぱいです。でも、大切なのは細かな栄養素の知識ではなく、PFCのバランスと自分にあった食事量摂取量、運動量を知ることだということを改めて確認できました。2024/01/12

hechimamonai

0
とても細かく書かれていて、よかった。家に置いて、辞典のように扱うのが良いと思った。2023/12/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20366759
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。