高齢ドライバーに運転をやめさせる22の方法

個数:
電子版価格 ¥1,188
  • 電書あり

高齢ドライバーに運転をやめさせる22の方法

  • ウェブストアに20冊在庫がございます。(2019年11月21日 12時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784093106313
  • NDC分類 681.3
  • Cコード C2077

内容説明

ガンコな親もこれで免許返納!ケアマネ必読!年間200人の高齢ドライバーを免許返納させた公安委員会認定医が実例を伝授!

目次

第1章 知っておきたい!高齢ドライバーと運転免許証の基本(認知症の人は「運転はダメ」と決まっている;高齢ドライバーがどの段階にいるか確認する;運転免許証更新に必要な認知機能検査とは? ほか)
第2章 事例で解説!高齢ドライバーに運転をやめさせる方法(不安なので妹に車を預かってもらったものの…意地でも買い物に行こうとします;運転させたくなかったので車のキーを隠したら…1日に100回以上、電話をかけてきます;塀に衝突する事故を起こしたのに…事故のことを忘れて新車を購入 ほか)
第3章 運転をやめてもらった後、どうする?(運転をやめた後に生じる不便はどうする?;STEP1 地域包括支援センターに相談する;STEP2 介護保険を利用する ほか)

著者等紹介

川畑信也[カワバタノブヤ]
認知症専門医。愛知県公安委員会認定医。八千代病院神経内科部長。愛知県認知症疾患医療センター長。1983年昭和大学大学院(生理系生化学専攻)修了後、国立循環器病センター内科脳血管部門、秋田県立脳血管研究センター神経内科を経て、2008年八千代病院神経内科部長、2013年愛知県認知症疾患医療センター長兼任。1996年から認知症の早期診断と介護を目的に「もの忘れ外来」を開設し、現在までに8,000名の患者の診療を行う。また、2015年から愛知県公安委員会認定医(運転免許臨時適性検査)として運転認知機能検査で記憶力・判断力の衰えが指摘された年間200人以上の高齢者に対して、運転をやめるよう指導・説得している。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

200人に免許返納させたノウハウを伝授!

高齢ドライバーによる悲惨な暴走事故が後を絶たない。

「大事故を起こす前に、うちの親には今すぐ免許を返納してほしい!」

あまりに壮絶な事故現場のニュース映像を目にして、
そう思った方も多いはずだ。

ところが、そんな家族の思いとはウラハラに、
子どもや家族の免許返納の説得に耳を貸さない高齢ドライバーもまた多い。

ひと口に高齢ドライバーといっても、その生活環境は様々。

つまり、高齢ドライバーが免許返納を納得するツボもまた
実はケースバイケースで様々だ。

著者は、年間200人以上の高齢者ドライバーに
運転をやめるようすすめてきた
スゴ腕の認知症の専門医で愛知県公安委員会認定医。

本書では、著者が体験してきた様々な高齢ドライバーへの対応を
コミックと解説でわかりやすく紹介しながら、
運転をやめさせるためのノウハウを伝授。

本書で掲載した主だった22の事例のなかには、
あなたのご家庭でも参考になるケースが
きっと見つかるはずだ。