小学館学習まんがシリーズ<br> レキタン!〈8〉明智光秀と本能寺の変ほか

個数:
  • ポイントキャンペーン

小学館学習まんがシリーズ
レキタン!〈8〉明智光秀と本能寺の変ほか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 16時14分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784092966239
  • NDC分類 K210

内容説明

「レキタン!」とは―歴史が大好きな小学6年生・時野カケルのもとに、突如現れた黄色い動物・モグウ。タイムペンシルという時空移動装置で未来からやってきた、モグラット族の少年だ。カケルとモグウは、タイムペンシルを使って、さまざまな時代にタイムジャンプ。歴史上の人物と出会い、事件を解決しながら、歴史の中を探検していく!

目次

第23話 正義を貫いた謀反人―明智光秀と本能寺の変
第24話 戦国に散った花―細川ガラシャと神の教え
第25話 “為せば成る”の心―上杉鷹山と米沢復興

出版社内容情報

光秀・秀吉・ガラシャから見る本能寺の変!

主人公は、歴史好きの男子小学生・カケルと未来の生物・モグウ。二人とクラスメートたちは、タイムペンシルという装置でさまざまな時代に飛び、歴史上の人物たちと会って、事件や問題を乗り越えていきます。

この第8巻には、「明智光秀と本能寺の変」「細川ガラシャと神の教え」「上杉鷹山と米沢復興」の3つのエピソードを収録。各エピソードは読み切り形式になっているので、最終巻のこの巻からでも読んでもOK!

なぜ明智光秀は本能寺の変で織田信長を討ったのか?秀吉はどのようにして中国大返しを成功させ、光秀を倒したのか?光秀の娘・細川ガラシャの運命は、本能寺の変によってどう変わったのか?信長以外の3人の人物の視点から、本能寺の変の真相に迫ります。

また、後半の上杉鷹山編では、「為せば成る」の言葉で知られ、現代の経営者たちからも尊敬されている鷹山の、不屈の米沢藩改革の道のりを描きます。





【編集担当からのおすすめ情報】
小学生向け新聞では断トツでナンバー1の「読売KODOMO新聞」で、まだ歴史を習っていない5年生以下の読者にも、「わかりやすい」と大人気。漫画を読んでいるうちに、いつのまにか歴史好きになってしまいます。この第8巻を読めば、大人も知らない本能寺の変の舞台裏や、上杉鷹山の名言に込められた思いを知ることができます。