ビッグ・コロタン<br> ドラえもん科学ワールド―電気の不思議

個数:
電子版価格 ¥836
  • 電書あり

ビッグ・コロタン
ドラえもん科学ワールド―電気の不思議

  • ウェブストアに34冊在庫がございます。(2022年01月26日 00時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784092591592
  • NDC分類 K540
  • Cコード C8676

出版社内容情報

生活に欠かせない「電気」の不思議に迫る!

電気とはいったい何か?といった、基礎知識のほか、電気の発明・発見から始まり、パソコン・スマホが動くまでを解説。
たとえば…
1章 「電気」の発見
家で使う「電気」、自然現象の雷や静電気、身近にあふれている便利なエネルギーの正体を原子レベルで探ります。
2章 「電気」はどのように作られる?
火力・水力・原子力以外にも、地熱(温泉)発電所も。さらには太陽光や風力などの新しい発電法も紹介。
と続き…
3章 「電気」でものを動かすしくみ
4章 「電気」を使った移動手段
5章 日本人の生活を変えた家庭用電化製品
6章 「電気」のおかげで子どもの遊びも変化
7章 「電気」と「電波」はどう違うの?
8章 「電気」に支えられる私たちの社会
9章 「電気」を大切に使おう
「電気」の未来まで言及します。

【編集担当からのおすすめ情報】
知っているようでよく知らない「電気」。この本を読めば「そうだったのか! 電気!」と納得。更に電気に興味が湧くこと必至です。女子にも読んでほしい一冊です。

藤子・F・ 不二雄[フジコ エフ フジオ]
著・文・その他/イラスト

内容説明

ドラえもんを読んで、生活に欠かせない「電気」の不思議に迫る!電気とはいったい何?電気はどうやってつくるの?電気でおもちゃも遊びも変わった?電気の発見から始まり、生活になくてはならないものになっていった…ドラえもんのまんがでわかりやすく解説します。

目次

1 電気の発見
2 電気でものを動かすしくみ
3 電気はどのようにつくられる?
4 電気を使った移動手段
5 日本の生活を変えた家庭用電化製品
6 電気のおかげで子どもの遊びも変化
7 「電気」と「電波」はどう違う?
8 電気に支えられる私たちの社会
9 電気を大切に使おう

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

youmar Jr.

23
電気が発見されたのは、カエルに金属を近づけると遠ざかるからだったらしいです。 そして、何より、コンピュータゲームが、初めて売られたのは、日本なのが意外だった。2020/07/20

Twakiz

17
電気通じているのが当たり前の生活を見直さなければ.皆様スマホの充電が人生の根幹になっていませんでしょうか.ちなみにドラえもん「社会」ワールドもあるのね..テーマの広い作品で藤子先生の先見の明,恐れ入る.2019/07/06

hoguru

6
息子8歳1人読み

こゆ

2
小2、マンガ部分のみ一人読み。2021/04/27

ゆう&きぃ

2
ブックフォワードからのインポート。(タグ:勉強になる本、小学高学年、小学中学年)2018/10/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12726315

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。