ビッグコミックス<br> 浮浪雲 〈73〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

ビッグコミックス
浮浪雲 〈73〉

  • ジョージ秋山
  • 価格 ¥545(本体¥505)
  • 小学館(2003/01発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 10pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月10日 13時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 198p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091864734
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

舞台は幕末の品川宿。物事に執着せず、ふわりと生きる問屋場の頭、浮浪雲。子供の教育や夫婦間の問題、はたまた女性のくどき方まで、人生の名人浮浪雲がサラリとヒントを与えてくれる。悩める現代人必読の名作ドラマ!!

▼第1話/当世少年気質▼第2話/春の饂飩(うどん)▼第3話/熱血主婦▼第4話/幸せのあさって▼第5話/彼岸酒▼第6話/朦朦淡々(もうもうたんたん)六十年▼第7話/人情長屋▼第8話/大江戸ぽるの▼第9話/ごめんね●主な登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場「夢屋」の頭。飄々とした遊び人)、おカメ(雲の妻。夫や子供たちを大きな愛で包む女性)、新之助(雲の息子。真面目な少年)、お花(雲の娘。お転婆だが、なかなか鋭い)●あらすじ/新之助の友人、鹿之助は毎日生傷が絶えない様子。その話を聞いて心配するおカメさんが、鹿之助の母・お咲に事情を聞くと、臆病な鹿之助をなんとか立派な息子に育てようと毎日厳しく叱っては叩いているとのことだったが…(第1話)。▼遊びに出かけたその帰り、足をくじいてしまったおカメさん。籠にのってはどうかという定八の助言をなぜか断ってしまう。しかし病気の母のためにうどんを売っている少年が、転んでしまったのを見て…(第2話)。●その他の登場人物/欲次郎(「夢屋」の番頭。実務に長けたやり手)、渋沢先生(博学多才の隠居老人。新之助らの良き相談相手)