ビッグコミックス<br> 光の島 〈8〉 笑ってごらん

ビッグコミックス
光の島 〈8〉 笑ってごらん

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 217p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091863881
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

廃村の危機迫る南洋の孤島・唄美島、その未来を背負うことになったのは、わずか6歳の少年だった…!! ノンフィクションをもとに描かれた、切なくも温かいヒューマンドラマ!!

▼第1話/ぼくの学校▼第2話/閉じられた校門▼第3話/あの島の名前▼第4話/ヒーロー▼第5話/ドンマイ▼第6話/笑ってごらん▼第7話/海渡る球児▼第8話/四人の卒業生▼第9話/夏が来たら●主な登場人物/照屋光(父の故郷・唄美島の小学校を存続させるため、東京から一人で島へ渡った少年)、照屋洋平(光の伯父。唄美島での光の里親)●あらすじ/今年、中学生になった三村大介は、自分の中学校に不満を持っていた。厳しい校則と味気ない授業、そして体罰を繰り返す教師たち。この日も、ランニング中にペースの遅い生徒を手助けしたということで、授業中ずっとグラウンドを走らされるという仕打ちを受け…!?(第1話) ●本巻の特徴/復活した唄美島の中学校に、新たな仲間・三村大介がやってきた! 野球という新たな遊びもするようになり、ますます島の学校は活気に満ちていく。しかし、別れは時と共にやってくるのだった…。大人気ヒューマンドラマの完結集!!●その他の登場人物/田崎ちか(いったん西表島に転校したが、再び戻ってきた少女)、米盛美幸(児童養護施設「聖樹園」で暮らしていた少女)、古谷保(不登校が原因で唄美島に転校してきた少年)、倉木ゆり(いじめにあい、不登校にな

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よーへー

0
僕が選んだ学校。変わるためには場所を変えることだといったりするが、確かにその効果は大きい。場所を変えることは逃げることか、いや、そうでないか、など、考えているよりは、その場から脱した方がよいことがあるかもしれない、色々な場面で、と、読みながら思った。2012/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/813206

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。