ビッグコミックス<br> 光の島 〈2〉 祭りの準備

ビッグコミックス
光の島 〈2〉 祭りの準備

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 203p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091863829
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

廃村の危機迫る南洋の孤島・唄美島、その未来を背負うことになったのは、わずか6歳の少年だった…!! ノンフィクションをもとに描かれた、切なくも温かいヒューマンドラマ!!

▼第9話/救いの島▼第10話/ニライカナイ▼第11話/祭りの準備▼第12話/祭りの準備Part2▼第13話/豊年祭(プーリー)▼第14話/祭りのあと▼第15話/里帰り▼第16話/お母さんの病気●登場人物/照屋光(父の故郷・唄美島の小学校を存続させるため、東京から一人で島へ渡った少年)、照屋洋平(光の伯父。唄美島での光の里親)●あらすじ/体の弱かった由美が、元気に走れるようになった。唄美小のグラウンドには、子どもたちの走る姿を見ようと大勢の島民が詰めかける。学校から帰った光は、由美たちと連れ立って章次おじいの見舞いに行くが、おじいは激しく衰弱していた。心配した大人たちは、保安庁に救助のヘリを要請する……(第9話)。▼石垣島の病院に運ばれた章次おじいの容体は、あまりよくないらしい。心配する光を、タカ坊は「おじいは元気に帰ってくる」と励ます。ある日、洋平の操縦する船に乗って、ひとりの男が島へやってきた。「唄美島はニナイカライのような島か」と尋ねたその男は、島で観音像を彫らせて欲しいと言い出す……(第10話)。●その他の登場人物/大浜由美(光と同時に唄美小学校に転入。2年生。少し体が弱い)、照屋ゆき子(洋平の妻で、光の伯母。唄美島での光の

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よーへー

0
祭を皆楽しみにしているのだな。祭りの後の台風は凄まじい。お母さんの病気には考えさせられる。2012/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/684123

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。