ビッグコミックス<br> 日露戦争物語 〈第4巻〉 - 天気晴朗ナレドモ浪高シ

電子版価格 ¥605
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ビッグコミックス
日露戦争物語 〈第4巻〉 - 天気晴朗ナレドモ浪高シ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 201p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091863348
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

劣勢だった日露戦争にで、日本を絶体絶命の危機から救った、大日本帝国海軍中佐・秋山真之(あきやま・さねゆき)作戦参謀。彼を主人公にした、史実に基づく壮大なストーリー。

▼第33話/策士▼第34話/袁世凱▼第35話/明日▼第36話/敗走▼第37話/道標▼第38話/自立▼第39話/無銭旅行▼第40話/友▼第41話/洋行▼第42話/嗚呼海軍兵学校▼第43話/肉体的指導●主な登場人物/秋山淳五郎真之(あきやま・じゅんごろうさねゆき。東大予備門に通う青年。後年、帝国海軍連合艦隊参謀となり、日露戦争を勝利に導く)、正岡升(通称のぼサン。淳五郎の同級生。厳格な漢学者・大原観山の孫で、勉強はできるが泣き虫。だが負けず嫌いでもあり、淳五郎とは名コンビ)●あらすじ/1884年12月、朝鮮の近代化を目指す金玉均らのクーデターは、第一段階においては成功した。だが、アジアのパワーバランスを見切って行われたその計画は、意外なところからほころび始める。そしてそのほころびを突き、袁世凱率いる清国軍の猛攻を受けることとなってしまう…(第33話)。●この巻の特徴/東大予備門に進学したものの、やりたいことが見つからないままの淳五郎。東大に飽きた熊楠は渡米するために退学、また、金玉均らのクーデターが失敗に終わったことを知った淳五郎は、自分も海外へと出ることを考え始める。その時彼の目の前にあったのは、海軍兵学校の門だった…!●その他の登場人物/

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yomineko

43
清国軍司令官・袁世凱登場!日本はどんどん戦争への道を歩み始める。相変わらず厳しい秋山好古。「のぼサン」こと正岡子規のユーモラスな言動に癒される。2020/11/04

洋平

7
「Welcome to the NAVAL ACADEMY!!」今のまま勉強していても迫り来る西洋から日本を守ることはできないと考えた淳五郎は、東大に退学届けを出し海軍兵学校へ。カッコイイ制服に軍刀を支給され、海軍のライスカレーに舌鼓を打っていたのも束の間、自己紹介から厳しい訓練が始まる。「起床動作は2分30秒以内にすべて完了せよ!!」少しでも規範に背けば鉄拳制裁の嵐。それでも、外敵と命のやり取りをする実戦に比べればこんなに愛情のこもったパンチはない。淳五郎の面構えもすっかり軍人のそれになってきました。2012/06/25

北白川にゃんこ

4
強くならねば日本は欧米の植民地ぢゃ!2020/07/17

田中峰和

2
日本公使竹添の協力を得て閔氏政権の打倒に成功する金玉均だが、三日殿下に終わる。明治維新を範とする金は清朝に追われ日本に亡命するが、日清戦争の足音が聞こえてくる。日本史おさらいにピッタリの教材だ。東大の同級生には錚々たるメンバーがいる。日本文学をけん引する後の山田美妙、尾崎紅葉、夏目漱石との出会いは、真之とのぼさん、子規、熊楠たちに刺激を与え、熊楠は米国留学、真之は海軍兵学校に入学する。彼らの偉業を見れば、教育の重要性を再認識する。当時の高等教育を受けられたのは、1%にも満たない超エリートだったのだ。2021/02/17

アッシュ@ネガティブキャンペーン中

1
アマゾンKindleアンリミテッドで読了2021/06/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/410524

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。