ビッグコミックス<br> 日露戦争物語 〈第4巻〉 - 天気晴朗ナレドモ浪高シ

電子版価格 ¥605
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ビッグコミックス
日露戦争物語 〈第4巻〉 - 天気晴朗ナレドモ浪高シ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 201p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091863348
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

劣勢だった日露戦争にで、日本を絶体絶命の危機から救った、大日本帝国海軍中佐・秋山真之(あきやま・さねゆき)作戦参謀。彼を主人公にした、史実に基づく壮大なストーリー。

▼第33話/策士▼第34話/袁世凱▼第35話/明日▼第36話/敗走▼第37話/道標▼第38話/自立▼第39話/無銭旅行▼第40話/友▼第41話/洋行▼第42話/嗚呼海軍兵学校▼第43話/肉体的指導●主な登場人物/秋山淳五郎真之(あきやま・じゅんごろうさねゆき。東大予備門に通う青年。後年、帝国海軍連合艦隊参謀となり、日露戦争を勝利に導く)、正岡升(通称のぼサン。淳五郎の同級生。厳格な漢学者・大原観山の孫で、勉強はできるが泣き虫。だが負けず嫌いでもあり、淳五郎とは名コンビ)●あらすじ/1884年12月、朝鮮の近代化を目指す金玉均らのクーデターは、第一段階においては成功した。だが、アジアのパワーバランスを見切って行われたその計画は、意外なところからほころび始める。そしてそのほころびを突き、袁世凱率いる清国軍の猛攻を受けることとなってしまう…(第33話)。●この巻の特徴/東大予備門に進学したものの、やりたいことが見つからないままの淳五郎。東大に飽きた熊楠は渡米するために退学、また、金玉均らのクーデターが失敗に終わったことを知った淳五郎は、自分も海外へと出ることを考え始める。その時彼の目の前にあったのは、海軍兵学校の門だった…!●その他の登場人物/