ビッグコミックス<br> 日露戦争物語 〈第3巻〉 - 天気晴朗ナレドモ浪高シ

電子版価格 ¥605
  • 電書あり

ビッグコミックス
日露戦争物語 〈第3巻〉 - 天気晴朗ナレドモ浪高シ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 208p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091863331
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

劣勢だった日露戦争にで、日本を絶体絶命の危機から救った、大日本帝国海軍中佐・秋山真之(あきやま・さねゆき)作戦参謀。彼を主人公にした、史実に基づく壮大なストーリー。

▼第22話/大器▼第23話/不潔少年 熊楠▼第24話/快喜!ダルマ男の酒宴▼第25話/骨太▼第26話/一喝▼第27話/夷狄▼第28話/自立自尊▼第29話/大相撲▼第30話/餞別▼第31話/前途▼第32話/甲申政変●主な登場人物/秋山淳五郎真之(あきやま・じゅんごろうさねゆき。松山中学を卒業し、兄・信三郎を頼って上京した青年。後年、帝国海軍連合艦隊参謀となり、日露戦争を勝利に導く)、正岡升(通称のぼサン。淳五郎の同級生。厳格な漢学者・大原観山の孫で、勉強はできるが泣き虫。だが負けず嫌いでもあり、淳五郎とは名コンビ)●あらすじ/陸軍の軍人である兄・信三郎と禅寺修行のような生活を送る淳五郎。見かねたのぼサンは、淳五郎にソバをおごる。立ち食いソバを仲良くすするふたり。ところが、側を通りかかったチンピラ風の若い男に、のぼサンの財布がスられてしまった! 怒った淳五郎はスリの前に立ちはだかるが…!?(第22話)●本巻の特徴/のぼサンと一緒に、全国の秀才が集まる共立学校に進学した淳五郎は、博覧強記だが異様に不潔な男、南方熊楠と知り合い、すぐに親しくなる。一方、郷里・松山で赤貧の生活を続けていた白川が、陸軍の教導団(下士官養成学校)に入るため、遂に上京

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yomineko

48
愈々、南方熊楠登場!特技は嘔吐!って何この人・・・www正岡子規は意外にも英語が不得手。真之のお兄さんの好古さんは超スレンダーなのに相撲がやけに強い。変な人一杯出て来ますが、本当に絵が素晴らしく、とても読みごたえがあり、さすが日本の漫画は世界一だなと思いました。2020/10/31

洋平

6
汚い身なりで共立学校(開成高校)に入学した淳五郎。「わしは日本一の汚い男を目指すんじゃー」と言っていたら、「うおおーっ、わしより汚いんがおるー!!」と南方熊楠の登場。「誰よりも強うなっちゃーったら、自由は転がり込んで来ちゃーるで」汚いけどかっこいい。「はい上がっちゃる」という白川精一郎義則の教導団試験のシーンは泣ける。その白川にボコボコにされて目が覚めた淳五郎はのぼサン、南方と共に東大予備門へ。徐載弼(ソ・ジェピル)とのぼサンの口論も熱い。アンニョンイケーセヨ(さようなら)するときの友情はさわやかだった。2012/06/24

北白川にゃんこ

3
朝鮮にもまた憂士が居た激動の時代…。2020/07/14

田中峰和

2
松山から上京した真之とのぼさん。首都東京は、田舎と違ってさすがに人材の宝庫。共立学校に入学すると、英語教師は高橋是清、学友は南方熊楠。足軽身分から留学生に選ばれた高橋は奴隷として売られるが、運を信じる彼は立派に英語を習得して日本に帰る。不潔で自由に嘔吐できる熊楠と、自在に放屁できる真之は似た者同士、のぼさんと加えたトリオは揃って東京大学予備門に入学する。小学校の義務化も満足にできていなかった当時、高学歴の人材は希少で、しかも東京であればこれほどの人材が集っていたのだろう。著名人が揃い、いよいよ面白くなる。2021/02/03

HITO

2
南方熊楠の登場に驚きと喜びを隠せない。まさか明治維新の群雄の一人として描かれるとは。まさに博覧強記,生物学で欧米を震撼させた南方熊楠,天才というか変人というか,尊敬してやまない人物である(絶対真似できないだけに…)。ゲロが得意技とは...2017/03/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/410523

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。