ビッグコミックスオリジナル<br> どうらく息子 〈第10集〉

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり

ビッグコミックスオリジナル
どうらく息子 〈第10集〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年04月24日 17時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ コミック判/ページ数 218p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091862433
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

名作「紺屋高尾」。純情男の恋は実るか!?

『夏子の酒』『蔵人-クロード-』など、日本酒を扱った漫画作品を描いた人気漫画家・尾瀬あきらによる意欲作もいよいよ”つばなれ”の第10集です!! 寄席で憧れた落語家・惜春亭銅楽師匠のもとに入門した惜春亭銅ら壱(せきしゅんてい・どらいち)。しくじり(失敗)を起こし、叱られ、反省し、成長しつつある前座修業ではあったが……第10集では、銅ら壱が大しくじりで前座一年生に降格処分にあって再出発をはかります。
噺家の腕の見せどころともいわれる「紺屋高尾」が丹念に描かれているほか、「平林」、「弥次郎」などの演目が漫画で登場。落語ファンはもちろん、落語を聞いた事がない人にも落語の内容が分かると評判です。落語監修をつとめるのは今や人気落語家のひとり柳家三三師匠。巻末おまけまんがもあり、雑誌で読んでいる方にも、新しい発見のある一冊です。

【編集担当からのおすすめ情報】
実際の落語家さんに取材をして、収拾した「しくじり話」がてんこ盛り。某二ツ目さんは、あまりに実体験がよみがえってしまうので、胸が痛くて読めなくなる、と言ったほど。落語ファンにとっては、誰のしくじり話だろうか、と想像して読むとおもしろさ倍増です。
本誌連載が100回を迎え、また単行本10集が発売された記念として、このコミックスのオビで超レアなプレゼントを展開予定。こちらも落語ファン必見です!