ビッグコミックスペリオール<br> バンクーバー朝日軍 〈4〉

電子版価格 ¥605
  • 電書あり

ビッグコミックスペリオール
バンクーバー朝日軍 〈4〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091862082
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

両軍相撃つ熱戦、勝敗の行方は…!?

朝日軍のエース・テディ藤本は、試合の中でドロップを会得していき、
対St.ジェームス校戦は、がっぷり四つに組んだ展開。
さらに、両チーム、また両観客もヒートアップして、その熱気は思わぬ方向に……。

大詰め九回の土壇場、息つまる接戦は、最後の最後で―――決着!!!

【編集担当からのおすすめ情報】
2014年冬公開の映画化も発表された、知られざる太平洋を越えたもう一つの日本球史。
その史実をもとに、原秀則氏が漫画で描き紡ぐ感動のドラマを、この機会にぜひ体感してください。

原 秀則[ハラ ヒデノリ]
著・文・その他

テッド・Y・ フルモト[テッドワイ フルモト]
原著

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

maruta

0
「PLAY GAME」を胸に互いに奮闘するテディとジョナサン。理想的なキャプテンって感じで格好いい。最後の判定はやはり、というべきか。2016/09/27

阿輸迦

0
セント・ジェームズ校との試合は負けたが、日本人の強さ?をカナダの白人社会に見せつけた。2巻で朝日軍の宮本監督との握手を拒否したSt.ジェームズ校のサイモン・スペンサー監督が、試合後進んで宮本監督に握手したのが印象的。そして、アリスのお父さんは、やはり娘が日本人と付き合うのはよく思っていないようだ。アリスとハリーがどうなるのか、気になる。最後に、トニー・ガンビーノ、何者なんだ?2014/12/16

Daisuke T

0
原秀則先生の野球マンガは試合の運びがうまいので読んでてワクワクする。決め球ドロップを打たれたけど!から抜けるか抜けないかなどのコマ使いもうまいと思った。2014/06/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8062703

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。