ビッグコミックス<br> ギャラリーフェイク 〈27〉

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ビッグコミックス
ギャラリーフェイク 〈27〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 202p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091861870
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

“ギャラリーフェイク(贋作画廊)”オーナー・藤田が、その天才的審美眼と修復技術を武器に、美術界の裏に潜む虚飾に切り込む。

▼第1話/似顔絵の陥穽(かんせい)▼第2話/修復するは我に有り▼第3話/本日快晴ナリ▼第4話/コーカサスの虜因(とりこ)▼第5話/知念、危機一髪!▼第6話/最後の一夜▼第7話/裏切りの2000GT▼第8話/風鈴をしまう日●主な登場人物/藤田玲司(ニューヨーク・メトロポリタン美術館元学芸員で、贋作を扱う画廊「ギャラリーフェイク」のオーナー。美術界の表と裏に精通している)、サラ(フジタのアシスタント。フジタに好意を持っている。実家はアラブの大富豪)●あらすじ/出張ヘルス嬢の連続殺人事件が発生し、捜査本部では目撃者の証言からCGによる似顔絵を作成し、捜査にあたる。しかし、超アナログな警部補・高倉は、目撃者にふたたび会い、自作の似顔絵を元に手がかりを探していた。一方、フジタは“ギャラリーフェイク”にふらっと現れては、真作と贋作を言い当てるナゾの紳士にしどろもどろ。ある日、パチンコで大勝ちしたフジタの前に、高倉のモンタージュにそっくりな男が現れる…!(第1話)●本巻の特徴/フジタが天才的審美眼と修復技術を発揮する「修復するは我に有り」、ユーラシアの秘境を訪れた「コーカサスの虜因」など、名画ではない「絵」を中心に、それにまつわる人々のエ