ビッグコミックス<br> ギャラリーフェイク 〈25〉

電子版価格 ¥605
  • 電書あり

ビッグコミックス
ギャラリーフェイク 〈25〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 226p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091861856
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

サブタイトル 胡桃(くるみ)の兵隊 ▼第1話/カメオ=貴婦人(レディ)▼第2話/“残暑絵金見舞(ざんしょえきんみまい)”▼第3話/胡桃(くるみ)の兵隊▼第4話/迷わざる小羊(こひつじ)▼第5話/浮世不景気風呂▼第6話/ラ・ジョコンダの姉妹(前編)▼第7話/ラ・ジョコンダの姉妹(中編)▼第8話/ラ・ジョコンダの姉妹(後編)▼第9話/ジョコンダの劇場●主な登場人物/藤田玲司(フジタレイジ。ニューヨーク・メトロポリタン美術館の元・学芸員で、主に贋作を扱う画廊「ギャラリーフェイク」のオーナー。美術界の表と裏に精通している)、サラ(フジタのアシスタント。フジタに好意を持っている。実家はアラブの大富豪)●あらすじ/長期滞在中のホテルで、いつもと同じ朝を迎えるサラ。偶然その日、人気歌手のMASA唐沢が、結婚披露宴のために同じホテルを訪れていた。彼とエレベーターで乗り合わせ、感激して握手を求めるサラ。だが、結婚を発表して以来、唐沢は悪質なストーカーに悩まされていた…(第1話)。●本巻の特徴/フジタの助手、サラが人気歌手のストーカー事件に巻き込まれる「カメオ=貴婦人」を始め、華麗な美術品とその影に潜む人間模様を描いた全7編を収録。また、3話からなる「ラ・ジョコンダの姉妹」では、もう一枚の『モナ・リザ』を求め、フジタがフランスへと飛ぶ!●その他のデータ/カメオ(第1話)、モナ・リザ(第6?8話)

細野 不二彦[ホソノ フジヒコ]
著・文・その他

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

wata

52
お祭りには好きな人と行きたいもの。でもあんなラストはツラいなぁ(T_T)クローン人間も本当にいたら世の中どうなるのか。2016/08/10

くりり

36
表紙の絵がキモい!ここら辺りは連続でキモい!2016/08/08

山田太郎

22
ずっとあんまり記憶にない巻が続いていましたが、なぜかこの巻は既読巻あり。リザと風呂屋の話が好きだな。ここのところ制服きた男子高校生で金髪の子が朝電車一緒なんですが、いいのかな、タレント活動でもしてんのかな。2018/11/30

ムーミン2号

5
この巻のサブタイトルは「胡桃の兵隊」だが、ボリュームの1/3はジョコンダ夫人(=モナ・リザ)にまつわるストーリーである。もう一枚のモナ・リザがあるとの噂を確かめに海外へ飛ぶフジタ。しかし、目にしたものには「眼に光」がないと贋作と判断。その後でさらに目にしたものの「眼」には慈愛があふれ、ラファエロが模写したものだろうという判断。ウヒャって感じ。付録のような「ジョコンダの劇場」は、かつて養子にしたリザとの再会(ニャンとブラジルはマナウスの歌劇場)が描かれて一服の清涼剤となっている。2018/12/30

山田太郎

5
風呂屋の話がよかった2010/09/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/451097

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。